やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FX初心者におすすめのDMM Bitcoinを簡単解説!

dmmbtc-fx-thumbnail

ローラさんのCMでお馴染みとなったDMM Bitcoin(DMM ビットコイン)

評判が気になっている人も多いと思いますが、DMM Bitcoinは「仮想通貨FX」に特化した販売所で、取引ツールの使いやすさと、セキュリティレベルが高いことでも注目を集めています。

これまで仮想通貨FXをやったことがない初心者でも、DMM Bitcoinなら簡単に始めることができます。

この記事では、DMM Bitcoinのメリット・デメリットと仮想通貨FXのやり方について、わかりやすく解説します。

MEMO

仮想通貨FXの基礎や、他の取引所についての詳細はこちらの記事で解説しています。

そもそも仮想通貨FXって?という方はぜひチェックしてみてください!

fxtorihikijo仮想通貨FX(ビットコインFX)とは?初心者におすすめの取引所比較ランキングTOP5+海外取引所

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)とは

仮想通貨FX アルトコイン DMMBitcoin

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)は、2018年1月11日からサービスを開始した新しい仮想通貨販売所です。

元々は、「東京ビットコイン取引所」という名称でしたが、2017年12月12日に社名変更し、サービス内容やシステムを一転し、現在の形で運用を開始しました。

親会社は、オンラインゲームや動画配信などの事業を手がけるDMMグループで、すでに「DMM FX」など金融系のサービス展開もしているため、システムの信頼性は抜群です。

DMM Bitcoinのメリットは、以下の4つです。

アルトコインのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)の一番のメリットは、アルトコインのレバレッジ取引ができることです。

レバレッジ取引に対応している取引所は年々増加していますが、ほとんどの取引所は対象通貨がビットコインのみとなっています。

DMM Bitcoinでは、ビットコインの他にイーサリアム、リップル、ライトコイン、ネム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックの6種のアルトコインでレバレッジ取引ができます。

ほとんどの手数料が無料

DMM Bitcoinでは、現物取引、レバレッジ取引ともに取引手数料がすべて無料です。

取引手数料の他にも、日本円の入出金手数料や仮想通貨の入出庫手数料も無料というのは大変魅力的です。

資金をこまめに出し入れしたい人にとっては、この料金設定は大きなメリットになるでしょう。

 現物取引レバレッジ取引
取引手数料無料無料
レバレッジ手数料
(スワップポイント)
-建玉金額の0.04% / 日のレバレッジ手数料がロールオーバー時に発生
円貨の入出金振込入金手数料:無料(銀行手数料はユーザー負担)
クイック入金手数料:無料
出金時:無料
振込入金手数料:無料(銀行手数料はユーザー負担)
クイック入金手数料:無料
出金時:無料
仮想通貨の入出庫入庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はユーザー負担)
出庫時の手数料:無料
入庫時の手数料:無料(マイナーへの手数料はユーザー負担)
出庫時の手数料:無料

取引ツールが使いやすい

DMM Bitcoinは、取引ツールが豊富で使いやすいと評判です。

PC用の取引ツールは、一画面に全ての取引アイテムを集約したスマートなインターフェイスと抜群の操作性で、初心者からデイトレーダーまで好評を得ています。

またスマートフォン用の取引ツールも、iOS、Androidに対応しており、機能性もPC版取引システムに匹敵する機能をアプリに搭載し、チャートを見ながらの「ワンタッチ」発注も可能です。

セキュリティレベルが高い

DMM Bitcoinでは、顧客から預託された資産(金銭及び仮想通貨)は全てDMM Bitcoinの資産と分別して管理し、毎営業日算定・照合しています。

また「コールドウォレット」「2段階認証」「SSL通信」にも対応しています。

多くの取引所が金融庁から業務停止命令や業務改善命令を受けましたが、DMM Bitcoinはこれまで一度も業務改善命令を受けたことがありません。

仮想通貨FXとは

仮想通貨FX DMM レバレッジ取引

仮想通貨FXとは、仮想通貨を用いた証拠金取引です。

取引所によって名称が違い、DMM Bitcoinでは「レバレッジ取引」と呼ばれています。

仮想通貨FXは、外国為替証拠金取引と同じように資金を証拠金として預け入れることにより、少ない資金を元手に大きな金額の取引ができます。

現物取引との大きな違いは、仮想通貨FXは現物の受け渡しを行わない「差金決済取引」だということです。

例えば現物取引では、1BTC=100万円の時に0.1BTC買った場合、購入代金10万円を取引所に支払います。

その後、1BTC=110万円になった時に0.1BTCを売却した場合、売却代金11万円を受け取り、差し引きで1万円の利益になります。

しかし仮想通貨FXの場合、購入代金や売却代金の資金移動は行わず、取引の最終的な結果部分(1万円の利益)だけ資金移動が発生します。

手元に現物がないため、ウォレットや他の取引所に送金することはできませんが、仮想通貨FXには以下のようなメリットがあります。

少ない資金で大きな利益を上げるチャンスがある

仮想通貨FXは、自己資金よりも大きな額の取引が可能で、少ない資金で大きな利益を上げるチャンスがあります。

この仕組みのことを「レバレッジ」といい、レバレッジを利用して預け入れた証拠金の何倍もの金額の取引ができます。

例えばレバレッジが10倍であれば、10万円を証拠金として預け入れることによって100万円分の取引が可能で、レバレッジが25倍であれば250万円分の取引ができます。

ただし、レバレッジは大きな利益を上げるチャンスがある半面、逆に大きな損失となることもあります。

相場が自分の予想と反対方向に動けば、追証や強制ロスカットになり、場合によっては投資資金以上のマイナスとなる可能性もあります。

無理のないレバレッジ倍率で取引し、投資経験が少ない人は追証不要のゼロカットシステムを利用するのが良いでしょう。

上げ相場でも下げ相場でも稼ぐことができる

仮想通貨FXは、手元にない通貨を空売りすることが可能で、上げ相場だけでなく下げ相場でも利益を上げることができます。

空売りとは、手元に持っていない現物を借りて売り、価格が下落したところで買い戻して利益を得る取引で、株式投資では信用取引における特徴的な取引方法の一つとして広く利用されています。

仮想通貨FXでは、外国為替証拠金取引と同じように証拠金を担保として預け入れることにより、手元にない仮想通貨を空売りすることができます。

空売りした後に値下がりしたところで買い戻せば、その差額が利益となります。

仮想通貨はボラティリティ(価格変動)が大きいため、うまくいけば株やFXよりも大きな利益を上げることも可能です。

DMM Bitcoinのレバレッジ取引のやり方

では、DMM Bitcoinでのレバレッジ取引のやり方を解説します。

まず、DMM Bitcoinのトップページからログインし、マイページに行きます。

次に、マイページ左側にあるトレード口座をクリックし、トレード画面を表示させます。

例として、ビットコイン(BTC/JPY)のレバレッジ取引のやり方を説明します。

トレード画面の右側にあるストリーミングパネルで、仮想通貨ペア「レバBTC/JPY」を選択します。

次に、レバレッジを使って購入したいビットコインの数量を入力します。

数量欄に購入したい数量を直接入力するか、数量欄の下にある「+1」「+0.1」「+0.01」「+0.001」のボタンを押して、数量を増加させることもできます。

数量が入力されると、レバレッジ取引で必要な証拠金が自動で計算され、右側にある「必要証拠金目安欄」に表示されます。

口座にある資金が必要証拠金目安の金額以下の場合、レバレッジ取引の注文が出せないので注意しましょう。

資金に問題がなければ、売り注文の場合は「売 Bid」を、買い注文の場合は「買 Ask」を押せば発注されます。

注文を決済する場合には、ストリーミングパネルの下部にある「一括決済ボタン」を押せば、すべての注文を一括で決済することができます。

個別で決済したい場合は、ポジション照合パネルから決済したい取引を選択してクイック決済ボタンを押せば決済が完了します。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のデメリットは?

仮想通貨FX DMM デメリット

幅広いユーザーから支持されているDMM Bitcoinですが、デメリットもあります。

主なデリメリットは、以下の4つです。

スプレッドが広い

DMM Bitcoinは「取引所」ではなく「販売所」なので、取引所と比べてスプレッドが広めです。

スプレッドとは、仮想通貨を取引する際に発生する買値(ASK)と売値(BID)の差です。

スプレッドは、本来の仮想通貨価格に上乗せされた実質的な手数料で、販売所はこの買値(ASK)と売値(BID)の差額であるスプレッドで収益を得ています。

取引所の場合、買う側と売る側の価格が一致した時にのみ取引が成立するため、スプレッドはごくわずかです。

しかし販売所の場合、本来の仮想通貨の価格に販売所の取り分が上乗せされるため、取引所に比べてスプレッドが広くなります。

スプレッドは、取引所ごと・通貨ペアごとに設定が異なり、仮想通貨の相場状況や取引板の状況によって変動します。

スプレッドを考慮せずに取引すると、取引で利益を上げてもスプレッド負けしてしまうこともあり、場合によっては相場の大きな変動で思いもよらない損失を被ることもあります。

現物取引できる通貨が少ない

DMM Bitcoinで取り扱っている通貨のうち、現物取引ができるのはビットコインとイーサリアムの2種のみで、その他の通貨はレバレッジ取引しか行えません。

取り扱い通貨のうち、5種のアルトコインに関しては一切現物の取引ができないため、外部に送金したり支払いに用いたりすることができません。

レバレッジ倍率が低い

DMM Bitcoinのレバレッジ倍率は最大5倍で、国内の取引所の中でもかなり低い設定になっています。

レバレッジ倍率が低いということは、リスクも小さくなるため、初心者にとっては安心して取引できますが、経験者にとってはやや物足りなく感じるかもしれません。

ロスカットが早い

DMM Bitcoinでは、証拠金維持率が80%を下回ると強制的にロスカットされてしまいます。

ロスカットとは、証拠金維持率が一定の水準を割ると、取引所が強制的に保有中のポジションを決済し、損失を確定させる制度のことです。

他の取引所と比べると、証拠金維持率80%はやや厳しめの設定で、さらにスプレッドが広いためロスカットラインに到達するスピードも速くなります。

DMM Bitcoinのデメリット
  • スプレッドが広い
  • 現物取引できる通貨が少ない
  • レバレッジ倍率が低い
  • ロスカットが早い

仮想通貨FX初心者におすすめのDMM Bitcoinを簡単解説!のまとめ

仮想通貨FX DMM まとめ

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のメリットは、以下の4つです。

DMM Bitcoin(DMM ビットコイン)のメリット
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • ほとんどの手数料が無料
  • 取引ツールが使いやすい
  • セキュリティレベルが高い

「スプレッドが広い」「レバレッジ倍率が低い」などのデメリットはありますが、簡単に仮想通貨FXを始めることができ、資産も分別管理されているため初心者にも安心です。

なお、今ならDMM Bitcoinに新規口座開設するだけで1,000円がもらえるお得なキャンペーン実施中です。

この記事を参考にして、ぜひこの機会にDMM Bitcoinで口座を開設することをおすすめします。