やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインのウォレットとは何かやさしく解説!オススメのウォレット選び方とは

みなさんは購入したビットコインをどのように保管していますか?

「取引所にそのまま置きっぱなし」なんてことはありませんよね?

セキュリティ面でいうと、取引所にそのままビットコインを置いておくことはあまりおすすめできません。

もしハッキングなどの被害を受けても補償を受けられないこともあるんですよ!

そこで今回は、ビットコインのウォレットとは何なのか、なぜ必要なのか、などの疑問にお答えします。

この記事を読めば、すぐにウォレットを準備したくなるはずです!

もう「取引所に置きっぱなし」なんてさせません!

一緒にウォレットの役割を確認し、アナタに合ったウォレットを探しましょう。

ビットコインのウォレットとは?

ウォレットとはお財布や金庫のようなものです。

仮想通貨であるビットコインを取引所で購入したら、そのまま口座に入れておくこともできます。

しかし、そのまま口座に入れておくということは、私たちが現金を生身で保管しているようなもの。

もちろん、取引所もセキュリティ対策は行われていますが、やはり少し不用心ですよね。

ビットコインを手に入れたらウォレットに保管しておくことをおすすめします。

ウォレットの仕組み

ビットコインは、ビットコインアドレス、公開鍵、秘密鍵というものを使って取引がされています。

ビットコインアドレスは口座番号、公開鍵は身分証明書、秘密鍵は暗証番号のようなものです。

先程、「ウォレットはお財布や金庫のようなもの」とご紹介しましたが、実際ウォレットで保管されているのは秘密鍵です。

秘密鍵があれば公開鍵が復元でき、公開鍵があればビットコインアドレスが復元できます。

そのため、ウォレットでは大切に秘密鍵を保管しているというわけですね。

ビットコインのウォレットの種類

ウォレットにはいくつか種類があり、特徴が異なります。

それぞれ長所と短所があるので、ビットコインの取引スタイルによって保存方法を分けると良いですよ。

ウォレットの種類は以下の通りです。

  1. ハードウェアウォレット:専用の端末を使ってビットコインを管理します。
  2. デスクトップウォレット:パソコンのデスクトップ上でビットコインを管理します。
  3. モバイルウォレット:スマホアプリを使ってビットコインを管理します。
  4. ウェブウォレット:インターネット上でビットコインを管理します。
  5. ペーパーウォレット:必要な情報を紙に印刷してビットコインを管理します。

ウォレットにも色々種類がありますよね。

上記のウォレットの中でもネットワークに接続した状態でビットコインを保管するウォレットのことをホットウォレットと言います。

それに対し、ネットワークに接続せずにビットコインを保管するウォレットをコールドウォレットと言います。

  • ホットウォレット:デスクトップウォレット、モバイルウォレット、ウェブウォレット
  • コールドウォレット:ハードウェアウォレット、ペーパーウォレット

ホットウォレットはネットワークに接続してあるのでどこからでもアクセスしやすいというメリットがあります。

その反面、ハッキングなどで情報が盗まれるリスクがあるので注意しないといけません。

それに対し、コールドウォレットはネットワークに接続されていないので、アクセスしにくいという点さえ気にならなければ、セキュリティ面では優秀です。

MEMO
ウォレットにはフルインストール版と簡易版があります。フルインストール版ではビットコインが発行されてから今までの取引全てを記録できますが、その分容量が大きくなります。一般ユーザーなら簡易版で十分でしょう。

ハードウェアウォレット

ハードウェアウォレットでは、専用のハードウェアを使ってビットコインを管理します。

安全性が高く、持ち運びが便利なのがメリットです。

本体は1万円~2万円くらいと初心者の方にはややハードルが高めかもしれませんが、利便性を考えれば高くはないと思います。

おすすめのハードウェアウォレット

おすすめのハードウェアウォレットをご紹介します。

  • LedgerNano S
  • Trezor
  • CoolWallet

LedgerNano S(レジャーナノS)やTrezor(トレザー)がハードウェアウォレットの中でも特に有名なウォレットです。

使う時はUSB端子で、パソコンとケーブルで繋ぎます。

ビットコイン以外の仮想通貨(イーサリアムやライトコインなど)にも対応しているので、他の仮想通貨にも興味がある方にはおすすめですよ。

みんなに人気のLedgerNano STrezor、ビットコイン以外の仮想通貨にも対応しています。

中でもLedgerNano Sは、Trezorが未対応のリップルにも対応しているので、とにかく「1台ハードウェアウォレット」が欲しい!という方はLedgerNano Sがおすすめです。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

また仮想通貨初心者に人気があるTrezor(トレザー)は、購入するとわかりやすい日本語ガイドと、LINE@のサポートが付いてくるので評判も上々です。

専門の担当者とLINE@で連絡を取り合いながら、わかりやすい日本語ガイドが欲しい方は、Trezorを購入することをオススメします。

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)公式サイトはこちら

ハードウェアウォレットTREZOR(トレザー)公式サイトはこちら

最後にご紹介した「CoolWallet」は、ビットコイン専用のウォレットです。

スマホのbluetoothを利用して、ビットコインの管理ができるのが特徴のハードウェアウォレットです。

デスクトップウォレット

デスクトップウォレットとはパソコンのデスクトップ上でビットコインを保管するウォレットです。

パソコン用のソフトウェアをインストールして使用します。

高性能なものが多く、ビットコインの管理がしやすくて便利です。

ただ、「パソコン用」なので、スマホやタブレットのように気軽に持ち運びにくいというのはデメリットかもしれませんね。

一般的に普及しているウォレットです。

おすすめのデスクトップウォレット

デスクトップウォレットにも色々種類がありますが、特に以下の3つがおすすめです。

  • Electrum
  • Copay
  • Bitcoin core

Electrumは古くからあるウォレットです。

簡易版で容量も少ないので、どれにしようか迷ったらこれを使えば良いでしょう。

Copayはマルチシグネチャシステムを採用しています。

マルチシグネチャシステムとは、いくつかの秘密鍵を一つのアドレスと紐づけできる仕組みのことです。

安全性が高い仕組みなので、よりセキュリティ面を重視したい方にはおすすめですよ。

Bitcoin coreはビットコインの開発に関わった人たちが作ったウォレットです。

フルインストール版のため容量が必要ですが、ほぼ公式ウォレットのようなものなので、信頼性があります

モバイルウォレット

モバイルウォレットでは、スマホやタブレットに専用のアプリをダウンロードしてビットコインを管理します。

持ち運びがしやすく、ビットコインをショッピングの支払いに利用したい時にも便利です。

スマホの紛失やハッキング被害などのリスクはありますが、ビットコインを支払いに利用する予定のある方にはおすすめですよ。

おすすめのモバイルウォレット

おすすめのモバイルウォレットをご紹介します。

  • Ginco
  • Breadwallet
  • Mycelium

Gincoは初心者でも扱いやすいと人気のモバイルウォレットです!

日本初のモバイルウォレットなので、完全日本語対応で使いやすい画面で仮想通貨を管理することができます。

すでに主要な仮想通貨にも対応しており、使いやすいGincoですが、機能は今後、ますます増えていく予定です!

機能実装時期
イーサリアム、ERC20トークン対応実装済み
BTC、BCH、XRP、LTCなど主要通貨に対応実装済み
資産の状況を把握するポートフォリオ機能実装予定
仮想通貨同士を交換する両替機能実装予定
興味のあるプロジェクトに出資できるICO機能実装予定
普段の買い物で使えるデビットカード機能実装予定

今後どんどん機能が追加されていくので、モバイルウォレットに興味がある方は、今からGincoのアプリをインストールしておくことをオススメします。

もちろんアプリのインストールは無料です。

Ginco(ギンコ)のアプリインストールはこちら

Ginco(ギンコ)のアプリインストールはこちら

またGincoの他にも、Breadwalletのモバイルウォレットがあり、iOSとAndroidのどちらでも使えますが、日本語に対応しているのはiOS版のみとなっています。

Myceliumは多機能のモバイルウォレットです。

Breadwallet同様に人気があります。こちらもiOSとAndroidのどちらでも使えますが、日本語に対応しているのはAndroid版のみなので注意しましょう。

ウェブウォレット

ウェブウォレットではビットコインをウェブ上に保管します。

どの端末からでもウェブウォレットにアクセスすれば簡単にビットコインの送金ができるのでとても便利です。

ただ、ハッキングのリスクがあるので、あまり使わない分のビットコインは別の方法で保管した方が良いでしょう。

取引所に預けたままにしているビットコインもウェブウォレットに近い状態ですね。

ペーパーウォレット

ペーパーウォレットはビットコインの管理に必要な情報を紙に印刷して保管します。

ネットワークに接続することなくビットコインの管理ができるので、セキュリティ面で安心です。

ただ、ペーパーウォレットは紛失や汚れなどには注意する必要があります。

内容が読み取れなくなるとビットコインが引き出せなくなるので気を付けてください。

利用する際にはファイリングするなど大切に保管するようにしましょう。

ウォレットを使用する時のポイント

ビットコインを保管するためのウォレットには種類があることが分かりましたよね。

それを踏まえて、ビットコインを保管する際には以下のポイントに注意するのがおすすめです。

ポイント1:ビットコインを分散して管理する

ビットコインはウォレットを分散して保管しておくことをおすすめします。

こうしておけば万が一ハッキングされても全ての資産を失うことはありません

ホットウォレットでビットコインを管理する場合は、必要な分だけ入れておくようにした方が良いでしょう。

あまり移動させる予定がなく、長期保持を目的としたビットコインはコールドウォレットに保管するのがおすすめですよ。

目的に応じてウォレットを分けておけばリスクを分散できます。

ポイント2:長期保存はコールドウォレットを使う

先程も少しお話しましたが、長期保持が目的なビットコインはコールドウォレットでの保管をおすすめします。

コールドウォレットはネットワークに接続していないので、セキュリティ面で安全です。

すぐに使う予定のないビットコインはコールドウォレットに入れておくと安心ですよ。

ホットウォレットとコールドウォレットの使い分けはお財布と金庫のイメージに似ていますね。

すぐに使いたい分の現金(ビットコイン)はお財布に入れ、すぐに使わない分は金庫や銀行(コールドウォレット)に入れておくと考えれば分かりやすいでしょう。

ビットコインウォレットのまとめ

ビットコインウォレットについてはイメージできましたか?

ウォレットでは秘密鍵を保管して、ビットコインの管理を助けています。

購入したビットコインは取引所にそのまま置いておくこともできますが、セキュリティ面を考えるとウォレットを利用した方が安心です。

ウォレットにはデスクトップウォレットやペーパーウォレットなど様々な種類があり、それぞれ長所と短所があります。

買い物の支払いなどで利用するビットコインはアクセスしやすい『Ginco(ギンコ)』などのモバイルウォレットを。

Ginco(ギンコ)のアプリインストールはこちら

Ginco(ギンコ)のアプリインストールはこちら

長期保有が目的のビットコインはネットワークに接続しない『Ledger Nano S(レジャーナノS)』のようなハードウェアウォレットを。

ハードウェアウォレット「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

「Ledger Nano S」公式サイトはこちら

目的に応じてウォレットを使い分けることをおすすめしますよ。

ウォレットを使い分けると、ビットコインの管理がしやすくなるだけでなく、リスクを分散させることもできます。

ビットコインウォレットまとめ
  • ビットコインはウォレットを使っての管理がおすすめ
  • ウォレットには種類がありそれぞれ長所と短所がある
  • ビットコインの保有目的に応じてウォレットを使い分けると良い
  • いざという時にためにリスクを分散させることも大切