やさしい仮想通貨の始め方を解説

初心者必見!ビットコインいくらから?仮想通貨投資の方法やリスクを徹底解説!

ビットコインを買ってみたいけど、高そうで手が出せない…

ビットコインはいくらからはじめられるんだろう…

ビットコインと言えば、投資するのに数十万もかかって高くて買えないというイメージはありませんか?

ビットコインは昨年末に1BTCあたり200万円を超え、「億り人」と呼ばれる億万長者が続出したことから大注目されました。

そこで今回はビットコインの投資を始める前に知っておきたい常識をご紹介していきます。

これを読めば、ビットコイン購入に必要な金額を把握でき、初心者でもビットコイン投資を始めることができるでしょう!

ざっくり言うと...
  • ビットコインは数百円〜数千円あれば購入できる。
  • とはいえ、多めの資金がある方が利益はあげやすい。
  • トレードスタイルによって利益をあげるのに必要な資金は変わってくる。
  • 自分の予算と状況にあった投資スタイルでビットコイン投資を始めてみよう。
  • ビットコイン投資を始めるのにおすすめな取引所はBITPoint(ビットポイント)

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

BTCだけではない!ビットコインの通貨単位は?

ビットコイン 通貨単位

ビットコインと聞けば最も有名な仮想通貨で、「1BTC=数十万円の単位からか」と思われていませんか?

ビットコインの通貨単位と言えばBTCなのですが、BTCは基準となる単位BTCの他にも単位が存在し、最小単位は0.00000001BTCまであるのです。

ビットコインの単位について

ビットコイン 単位

ビットコインにはBTC以外にも、1BTC以下の単位も1BTC以上の単位もありそれぞれ名前がつけられています。

まずは、ビットコインの単位を見て行きましょう。

単位BTC読み方
satoshi0.00000001BTCサトシ(最小単位)
μBTC(Bits)0.000001BTCマイクロビットコイン(ビット)
mBTC0.001BTCミリビットコイン
BTC1BTCビットコイン
daBTC10BTCデカビットコイン
hBTC100BTCヘクトビットコイン
kBTC1000BTCキロビットコイン
MBTC100000BTCメガビットコイン

上の表のとおりビットコインの単位はいくつも種類があります。

satoshiとは?

ビットコイン satoshi

satoshiはビットコインの最小単位で1億分の1にしたときの単位です。

ビットコインの生みの親であるナカモトサトシが由来となっています。

ビットコインは決済の方法の1つとして利用することができますが、マイクロペイメント(少額決済)を行うときに利用されます。

また、satoshiは「ビットコインのレートでアルトコインを表現するとき」や、「ビットコインプロトコルのプログラム内での計算単位」などでも使われています。

見やすく表記する以外に、システム内部に用いられているのです。

ビットコインプロトコルのプログラム内での計算単位で使用されているってどういうこと?

ビットコインの送金などの取引内容はビットコインプロトコルでのプログラム内でsatoshi単位で実行されているのです。

取引所によって最低取引金額が異なる?

ビットコイン購入冒頭

最小単位が存在するため、「ビットコインは1satoshiから取引できるのでは?」と思う方もいるのではないでしょうか。

しかし1satoshiから購入できるわけではなく、各取引所によって最低取引価格が違います。

主要取引所のビットコイン最低価格比較一覧表

ビットコインの社会的な価値

取引所によって、最小取引金額が違うといえど、実際にどのくらいの最小金額から取引されているのでしょうか。

ここでは主要取引所のビットコイン最低価格を一覧にしてみました。

取引所最低取引単位円建て金額
bitFlyer0.001BTC718.24円
ビットバンク0.001BTC718.24円
GMOコイン0.0001BTC71.82円
DMMビットコイン0.001BTC718.24円
フィスコ仮想通貨取引所0.0001BTC71.82円
Zaif0.0001BTC71.82円
ビットポイント0.0001BTC71.82円
ビットトレード0.0001BTC71.82円
LIQUID0.001BTC718.24円
みんなのビットコイン0.01BTC7,182.46円

一覧表を見てわかるように最低価格は0.0001BTC~0.001BTCです。

そのため、もし初めてだからあまりお金をかけるのはちょっと…という方は0.0001BTCから購入できる取引所を利用してみるのもいいかもしれませんね。

ビットコイン投資を始めるのにはいくら用意すればいい?

ビットコイン 投資

先ほど取引所の最小取引金額をご紹介しましたので、その金額を用意すれば投資が始められるいいと思う方もいるのではないでしょうか。

しかし、ビットコインを購入することとビットコイン投資を始め利益を上げることは別物になりますので、もし利益を上げたいのであれば基本的には投資資金が多い方が有利になり、利益を得るために必要な金額は投資スタイルにより変わってきます。

投資は資金が多い方が儲けられる?

10万円の利益を上げる場合の利回りについて考えてみましょう。

10万円の利益を上げる場合
 
  • 投資資金が100万円の場合:100万円×10%=10万円
  • 投資資金が1億円の場合:1億円×0.1%=10万円

上の例を見てわかるように投資資金が100万円の場合、10万円の利益の場合10%の値上がりが必要ですが、投資資金が1億円ならたった0.1%の値上がりで10万円の利益になります。

このように、投資は資金が多いほど少しの値上がりでも利益が出やすくなります。

投資スタイルごとの必要資金の目安

また、一口に仮想通貨投資と言っても、様々な投資の仕方があります。

そして、どの投資スタイルで投資を行なっていくかによっていくら資金を用意したらいいのか違ってきます。

各投資スタイルごとの必要資金の目安は以下を参考にしてみてください。

投資方法と資金の目安
  • 仮想通貨FX:10万円~20万円
  • ポジショントレード:10万円~30万円
  • スイングトレード:30万円~50万円
  • デイトレード:50万円~100万円
  • スキャルピング:50万円~100万円

自分にあった投資スタイルで投資を始めよう

もちろん予算に合わせてどの投資スタイルで投資を始めるか決めることも可能ですが、投資に割ける時間やどの程度根気強く投資を行なって行けるかなどによっても、どの投資を行うのがいいかは変わってきます。

ここでは、トレードスタイルについて細かく解説していくので、ご自身にあった投資スタイルを選んで投資を始めてみましょう。

小さな資金で効率的に利益を上げたいなら仮想通貨FX

ビットコイン 稼ぎ方 長期保有

あまり投資できないけど大きな利益を上げたいという方は仮想通貨FXがおすすめです。

仮想通貨FXとは仮想通貨を使った証拠金取引のことです。

外国為替で行うFXと同様に、資金を証拠金として取引所に預けることで、証拠金の数倍から数十倍の金額で取引を行うことができます。(これをレバレッジと言います)

例えば、10万円を投資資金として用意した場合、通常の取引なら10万円分のビットコインしか購入することができません。

しかし、ビットコインをFX取引した場合、10万円を証拠金として預け、レバレッジを10倍に設定することで、100万円分の取引を行うことができるのです。

時間をかけて大きなリターンを狙うならポジショントレード

ポジショントレードはそのポジションを数ヶ月から数年にかけて保有することで、大きなリターンを狙える投資方法です。

ポジショントレードは予想通りに相場が動けば大きな利益が期待できることや、取引の回数も少なくなるため、手数料などのコストが抑えられるというメリットがあります。

デメリットはすぐに結果が出ないことや、テクニカルの知識やファンダメンタルの知識が必要なことです。

忙しくてチャートを見る暇がない方にはスイングトレード

仮想通貨取引所 マルチシグ  ビットコイン

スイングトレードとはポジションを数日から数週間にわたって保有し、相場のトレンドに乗り、利益を狙う取引方法になります。

相場のトレンドが波に見えることから、「波に乗る(Swing)」ように何度も取引を行って利益を狙っていきます。

スイングトレードは中期に渡ってポジションを保有しますので、1日中チャートを気にする必要がないのがメリットです。

ただし、急に価格が変動したときにすぐに対応することができないのと、ニュースなどにより相場が大きく動いたときに大きな損失を生んでしまう可能性があります。

1日で取引を完結させるならデイトレード

デイトレードは1日で注文から決済までを行いポジションを次の日に持ち越さない取引方法を言います。

「日割り取引」とも呼ばれており、1日あたり数十回~100回程度取引を行い、利益を得ていきます。

デイトレードはポジションを長期間保有しないため、相場が大きく変動したときにほとんど影響を受けないのがメリットです。

ただし1日に何度も取引を行うため、常にモニターに張り付いてチャートの動きを見ていなければなりません。

小さな利幅を狙ったスキャルピング

スキャルピングは相場の小さな利幅を狙い、数秒から数分単位で売買を繰り返し行い、利益を得る取引方法です。

スキャルピングは「頭皮・頭皮を剥ぐ」という意味の”Scalp”からつけられており、頭皮のような薄い皮をハグように何十回何百回も取引をして利益を得ていきます。

スキャルピングは数秒~数分なら相場は1つの方向に動いてくことが多いですので、利益を得る可能性が高いです。

しかし、毎回取引するたびに手数料がかかりますので、コストが他の方法よりもかかってしまいます。

スキャルピングは取引1回ごとの利益が小さいですので、大きな利益を狙いたい方には不向きでしょう。

おすすめの国内仮想通貨取引所3選

仮想通貨FX(ビットコインFX)選び方

仮想通貨の取引を行うにはまずは国内にある仮想通貨取引所に登録する必要があります。

仮想通貨取引所によって取扱い銘柄や特徴が異なりますが、ビットコインは必ず取り扱っていますので、それ以外の特徴からおすすめの取引所をご紹介します。

第1位 BitPoint(ビットポイント)

ビットコイン BITPoint
出典: https://www.bitpoint.co.jp

取引所の評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(4.5)
手数料
(5.0)
安心度
(5.0)
総合評価
(4.5)

まずご紹介するのは、本格的に仮想通貨取引をしたいと言う方には絶対外せないBITPoint(ビットポイント)です。

ビットポイントは普通の仮想通貨取引だけでなくレバレッジをかける取引などさまざまな取引方法を1つの取引所で行うことができるのが最大の特徴です。

他の取引所だと手数料の安さだけを売りにしていたり、レバレッジ倍率の大きさだけが特徴であるケースもありますが、ビットポイントは手数料の多くが無料になっており、レバレッジも25倍と倍率が国内最大級ですので、手数料でもレバレッジでも優れています。

取扱っている仮想通貨も比較的豊富で、イーサリアムやリップルなどのアルトコインも取り扱っているため、気になるコインがあればぜひ利用してみましょう。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

第2位 GMOコイン

ビットコイン GMOコイン
出典: https://coin.z.com

取引所の評価
取り扱い通貨
(4.0)
使いやすさ
(5.0)
手数料
(3.5)
安心度
(5.0)
総合評価
(4.0)
本格的に仮想通貨の取引がしたいという方にはビットポイントが最もおすすめですが、とりあえず始めて見るという方には販売所形式のGMOコインがおすすめです。

仮想通貨取引所は販売形式が販売所形式と取引所形式に分かれています。

取引所形式の業者だと取引がなかなか成立しなかったり、思っていたよりも購入価格が高くなってしまったなどが起こる可能性があります。

しかしGMOコインならGMOが販売している仮想通貨を直接購入することができるため、すぐに購入することができます。
GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

第3位 フィスコ仮想通貨取引所

ビットコイン フィスコ仮想通貨取引所
出典: https://fcce.jp

取引所の評価
取り扱い通貨
(3.5)
使いやすさ
(4.0)
手数料
(3.5)
安心度
(4.5)
点数や項目は変えても問題ありません
(3.5)

次におすすめするのはフィスコ仮想通貨取引所です。

あまり聞きなれない取引所かもしれませんが、このフィスコ仮想通貨取引所はあの大手仮想通貨取引所のZaifを買収したことで話題になっています。

運営しているフィスコは株や投資情報サービスを20年以上も続けている日本でも有名な企業です。

Zaifは2018年9月に仮想通貨流出事件を起こすまで大人気取引所の1つで、会員数も多く、初心者に人気の仮想通貨積立や独自トークンの取扱いなどを行っていました。

Zaifが仮想通貨を流出させてしまったときに、金融支援をいち早く行ったのがフィスコ仮想通貨取引所なのです。

つまり、フィスコ仮想通貨取引所は資本力が強いため安心感があると言えるのです。

また、Zaifはセキュリティが低いという難点がありましたが、フィスコのセキュリティの高さとZaifのユーザー数が合わさり、国内でも数少ない安心感の高い取引所が誕生したのです。
→ Fiscoの公式サイトはこちら

Fiscoの登録はこちら

実際に仮想通貨取引所に登録してみよう!

ビットコイン 仮想通貨取引所

ビットコイン投資は仮想通貨取引所に登録しないことには始まりません。

ここでは仮想通貨取引所の登録方法についてご紹介します。

登録への4ステップ
  • STEP1 メールアドレス登録
  • STEP2 必要事項の記入
  • STEP3 本人確認書類のアップロード
  • STEP4  口座開設手続き完了の流れ

では、実際に先ほどおすすめしたBITPointを例に口座開設の手順を見てみましょう。

  • STEP.1
    メールアドレス登録

    ビットコイン 登録
    出典: https://www.bitpoint.co.jp

    ビットポイントの登録は公式サイトから行うことができます。

    BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

    BITPOINTの登録はこちら

     

    公式サイトを開き、「かんたん口座開設」ボタンをクリックします。

    ビットコイン 登録
    出典: https://www.bitpoint.co.jp

    メールアドレスを入力する画面が出てきますので、メールアドレスを入力します。

    そして、登録したメールアドレスに届いたメールのURLをクリックする。

  • STEP.2
    必要事項の記入

    ビットコイン 登録
    出典: https://www.bitpoint.co.jp

    確認事項をチェックし、個人情報を入力していきます。

  • STEP.3
    本人確認書類のアップロード

    ビットコイン 登録
    出典: https://www.bitpoint.co.jp

    本人確認書類をアップロードします。

    本人確認書類をアップロードする場合は、本人確認書類をスキャナでスキャンするか、スマホやデジカメで撮影してデータ化しましょう。

    カメラで撮影するときはピンボケにならないように注意しましょう。

    なお、顔写真付きの本人確認書類を提出する場合は書類が2種類必要になりますのでチェックしておきましょう。

    個人(日本国籍)運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードなど顔写真付きの本人確認書類
    ※顔写真付き本人確認書類がない場合は健康保険証や納税証明書などを2点提出
    個人(外国籍)在留カード(在留期間1年以上)または特別永住者証明書
    ※名義がローマ字の場合はカタカナで記載されている公共料金領収書のコピーなども必要
    法人履歴事項全部証明書
    印鑑証明書の原本
    代表者と取引責任者の本人確認書類
    ※三種類すべての書類が必要

    A群とB群がありますのでA群から2種類提出するか、A群とB群で1種類ずつ提出するかしましょう。

  • STEP.4
    口座開設手続き完了の流れ

    ビットコイン 登録
    出典: https://www.bitpoint.co.jp

    ビットポイントの登録が完了すると、ビットポイントによって本人確認書類の内容と、申し込み内容を確認して審査が行われます。

    審査が完了すれば、数日後にご自宅に口座開設完了通知書が郵送されます。

    そして口座開設完了通知書に記載されているログイン情報でログインを行います。

    追加情報として

    • 取引暗証番
    • 勤務先
    • 出金先金融機関

    などを入力すれば、取引ができるようになります。

ビットコインの現在の価格は?これまでの価格推移はどうなっているのか

2018年11月13日現在、ビットコインの価格は1BTCあたり70万円台となっています。

1BTC=70万円換算すると、取引所によっては最低70円からビットコインの購入が可能ということになりますね。

ビットコインの価格推移

ビットコイン チャート
出典: https://cc.minkabu.jp

ビットコインは2017年に12月に史上最高となる200万円代の価格を記録しましたが、2018年初めに暴落してから現在まで70万円台をキープし続けています。

チャートを見るとわかるようにビットコインは2017年に入るまで価格が低い状態でした。もちろんアルトコインなどと比べると価値はありましたが、それでも価格は低い水準にありました。

それが、2017年に入ると少しずつ価格が上昇し、12月に1BTCあたり100万円を超えるとメディアでも大きな話題となりました。

2017年はビットコインキャッシュの誕生やSegWitの有効化などさまざまな出来事もありましたし、日本国内が仮想通貨元年だったこともあり、仮想通貨の代表であるビットコインに注目が集まったと言えるでしょう。

取引におすすめの仮想通貨は?

ビットコイン 仮想通貨

仮想通貨はビットコインだけでなく1600種類にも及ぶアルトコインがあります。

もちろん、ビットコイン同様アルトコインも数百円〜数千円あれば購入できますので、ビットコインだけではなく、アルトコインの購入も検討してみるといいかもしれませんね。

そこで今回はおすすめの仮想通貨をご紹介します。

初めて取引をするならまずはビットコイン

ビットコイン

ビットコインは世界で初めて誕生した仮想通貨で、国内の認可の仮想通貨取引所全てで取り扱っています。

ビットコインは仮想通貨市場での基軸通貨となっていますので、仮想通貨を始めるにはまずはビットコインからということになるのです。

また、マイナーなアルトコインの取引はビットコインでしか取引ができないこともありますので、仮想通貨投資を始めるならまずはビットコインを購入しましょう。

将来性の高いコインを選ぶならイーサリアム

ビットコイン イーサリアム

イーサリアム は現在2万円前後の価格をつけており(2018年11月現在)、こちらも1ETHではなく、小数点単位から購入できます。

イーサリアムは時価総額がビットコインに次ぐ第2位で、ビットコインとイーサリアムの時価総額を合わせると、仮想通貨市場全体の7割を占めるとされています。

イーサリアム は、スマートコントラクト(自動契約)が最大の特徴で、通貨としてだけではなく、さまざまな分野に応用することができるため、数多くの企業が研究をしています。

また、仮想通貨のプラットフォームとしても使われており、イーサリアムをベースにしたアルトコインが数多く開発されています。

今後に期待なリップル

ビットコイン リップル

リップルはGoogleが投資を行なったことなどでも有名な通貨ですが、価格は50円代(2018年11月現在)のため、購入しやすい通貨といえますね。

国内では8社で取り扱っているリップルは決済に特化して開発された仮想通貨で、実用性の高さが最大の特徴です。

積極的に金融関連企業と提携しているため、続々とリップルを活用したサービスが開始されています。

更に商用化が進めば取り扱う取引所が増えて、価格もドンドン上がっていくでしょう。

夢をかけるなら草コインもあり

ビットコイン 草コイン

草コインとはほとんど価値がないアルトコインのことで、仮想通貨1600種類の9割は草コインです。

この草コインは100倍や200倍、1,000倍なと突然価格が上がることがあり、「億り人」になれる可能性を秘めているのです。

ただ、草コインの中には価値のない詐欺コインも混じっている可能性もありますので、注意しましょう。

ビットコインを取引する上でのリスク

ビットコイン リスク

投資にはリスクがつきものですが、ビットコインの取引を行う上でもいくつかリスクがあります。

そのリスクを知らないで闇雲に取引を行うと失敗する可能性がありますので、ビットコインのリスクを理解しておきましょう。

取引所の閉鎖や倒産のリスク

ビットコイン 閉鎖

国内にある認可取引所は金融庁の厳しい審査のもと認可されているため、なかなか突然取引所が閉鎖したり、倒産することは無いと考えていました。

しかし、Zaifが2018年9月にハッキングによる仮想通貨流出事件を起こし、フィスコ仮想通貨取引所に買収されてしまいました。

Zaifの場合は、Zaifのユーザーがフィスコ仮想通貨取引所に流れることになるため、預けていた資産が無くなるということはありません。

しかし、特に海外のマイナーな取引所の場合、取引量が少なく、基盤も安定していないことが多いため、突然閉鎖されたり、倒産してしまう可能性があるのです。

海外の取引所の場合、閉鎖されると試算が引き出せなくなってしまう可能性があるため、注意しましょう。

ハッキングのリスク

ビットコイン ハッキング

日本でもコインチェックやZaifなどハッキングされて仮想通貨が流出してしまいました。

インターネット上で大金を扱う以上、ハッカーによるハッキングの標的になりやすいです。

どんなにセキュリティに力を入れていてもハッキングされてしまう可能性があります。

そのため、仮想通貨の取引を行う場合はいくつかの取引所に資産を分散させて、被害を小さくしましょう。

また、資産を預けている取引所は必ず二段階認証を設定するなど自分でも資産を守りましょう。

借金のリスク

仮想通貨で投資は他の投資と同じようにある程度資金が必要になり、その資金で利益を出していきます。

しかし、仮想通貨は価格変動が非常に大きいため、価格が急落して大損をしてしまったというケースも少なくありません。

それにより借金をせざるを得なくなったという方もいます。

ですので、もし仮想通貨投資をする場合は、資金を全額つぎ込むのではなく、半分だけ使って、あとは万が一のために置いておくなどして借金をしないように対策をしましょう。

草コインを購入することのリスク

仮想通貨決済冒頭

「億り人」になれるチャンスを秘めた草コインですが、本当に価格が上がるコインは一握りで運まかせなところもあります。

草コインの中には資金集めのためだけに作られた用途のない無価値な詐欺コインも含まれています。

そのため、草コインの投資を考えている方は気になる草コインのホワイトペーパーを確認するなどしっかりと調査をおこなった上で投資をするようにしましょう。

資金に余裕をもってビットコインやアルトコインの投資を行いましょう!

仮想通貨とは新時代の通貨

ビットコインやアルトコインは少額から購入することはできますが、手数料や利益を考えて行うのであれば、まとまったお金を用意して取引を行ったほうが利益が出やすいでしょう。

ただし、投資はリスクも考慮し余剰資金で計画的に行なっていくことが重要です。

自分の投資したい通貨を決め、余剰資金で仮想通貨投資を始めてみてはいかがでしょうか?

仮想通貨投資を始めるなら、まずはBITPointに登録しよう!

仮想通貨投資の始めの一歩は取引所への登録です。

まずはBITPointに登録してみましょう。
BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら