やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインの空売りとは?方法やオススメの取引所を徹底解説


仮想通貨相場の下落が止まりません。

2018年6月現在、ビットコインは一時6133.31ドル(約67万円)を記録し、2017年末につけた最高値から下落率は約70%に達しました。

かつてビットコインは、「買って持っているだけで儲かる」という簡単な相場が続いていましたが、最近は「ビットコインを買って儲かった」という話はすっかり聞かなくなりました。

しかし、ビットコインは「買い」だけでなく「空売り」もできます。

この下落相場で多くの人が含み損を抱えている中、ビットコインの空売りで儲けている人もきっといるはずです。

そこで今回は、ビットコインを空売りする方法や、ビットコインの空売りができるオススメの取引所について詳しく解説します。

空売りとは?

空売りとは、手元に持っていない現物を借りて売り、価格が下落したところで買い戻して利益を得る取引です。

株式投資では、空売りは信用取引における特徴的な取引方法の一つとして広く利用されています。

株の場合、証券会社(証券金融会社)から株を借りて売り、その後株価が下落したところで買い戻せばその差額が利益になります。

またFX(外国為替証拠金取引)も、証拠金を担保として預け入れることにより、手元にない通貨を売って値下がりを狙う取引を行うことが可能です。

ビットコインも、FXと同じように証拠金を担保として預け入れることにより、手元にないビットコインを空売りすることができます。

ビットコインはボラティリティ(価格変動)が大きいため、うまくいけば株やFXよりも大きな利益を出すことが可能です。

レバレッジとは

証拠金取引には、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能にする仕組みがあり、この仕組みのことを「レバレッジ」といいます。

レバレッジを利用すれば、手元にないビットコインを空売りすることが可能で、預け入れた証拠金の何倍もの金額の取引ができます。

例えばレバレッジが10倍であれば、10万円を証拠金として預け入れることによって100万円分の取引が可能で、レバレッジが25倍であれば250万円分の取引ができます。

レバレッジを使えば、少ない資金で効率良く取引できますが、レバレッジが大きければ大きいほど、わずかな損失で追証や強制ロスカットになる可能性が高まります。

投資資金に余裕をもって、無理のないレバレッジで取引することが大切です。

ビットコインの空売りができる取引所

ビットコインを空売りするためには、証拠金取引が可能な取引所に口座を開設する必要があります。

取引所によっては、現物取引しか取り扱っていないところや、証拠金取引で利用できる通貨の種類が限られているところもあります。

また取引所ごとにレバレッジの上限が違い、それぞれ特徴があります。

取引所対応通貨レバレッジ特徴
bitflyerBTC最大15倍高速取引ツール「bitflyer lightning」でビットコインの空売りが可能
ビットバンクBTC最大20倍通貨ペアはBTC/USDのみ
追証なしで取引可能
GMOコインBTC最大10倍FX専用スマホアプリ「ビットレ君」が利用可能
DMMビットコインBTC
ETH
XEM
XRP
LTC
ETC
BCH
最大5倍7種類のアルトコインでレバレッジ取引が可能
Zaif

BTC
MONA
最大7.7倍追証なしで取引可能
ビットポイントBTC最大25倍MT4ツールで取引が可能
コインチェックBTC
ETH
ETC
最大5倍レバレッジ最大5倍
QUOINEXBTC
ETH
QASH
最大25倍実効スプレッドが業界最狭
BitMEXBTC
ADA
BCH
ETH
LTC
XRP
最大100倍海外の仮想通貨取引所
ゼロカットシステムで追証不要

ビットコインの空売りができる取引所でおすすめなのが、bitflyerBitMEXです。

この2つの取引所について、特徴と空売りの方法を説明します。

bitFlyer

画像引用元: https://bitflyer.com/ja-jp/

bitflyerは、ビットコインの取引量日本一を誇る、日本最大規模の仮想通貨取引所です。

セキュリティレベルも高く、取引ツール「bitFlyer Lightning」はユーザーから高い支持を得ています。

bitFlyer Lightningとは、ビットフライヤーが独自に開発した高機能取引ツールです。

bitFlyer Lightningでは、

取引方法
  1. 「ETH/BTC」の現物取引
  2. 「BCH/BTC」の現物取引
  3. Lightning FX
  4. Lightning Futures

の4種類の取引が可能で、Lightning FXとLightning Futuresでビットコインを空売りすることができます。


bitFlyerの口座開設はこちら

bitFlyer業務改善命令について
2018年6月22日(金)更新 現在bitFlyerは、金融庁からの業務改善命令により新規登録を受け付けていません。 新規登録が再開するまでは他の取引所での口座開設をおすすめします。

それでは、Lightning FXでビットコインを空売りする方法を解説します。

bitFlyer Lightning FXでの空売り方法

bitFlyerにログインし、画面左の「bitFlyer Lightning」をクリックします。

bitFlyer Lightningの画面が立ち上がりますので、画面上部のタブから「BTCFX/JPY」をクリックします。

 

bitFlyer Lightningでは、以下の種類の注文が可能です。

bitFlyer Lightningの注文の種類
  • 指値注文
  • 成行注文
  • 特殊注文(シンプル・IFD・OCD・IFDOCO)

ビットコインを指値で空売りする場合、発注画面の「指値」タブを選択します。

「数量」欄に購入したい数値を入力し、「指値」欄に購入したいビットコインの価格を入力します。(または、板画面で購入したい価格をクリックすると自動的に価格が反映されます)

数量と価格を入力後、「売り」ボタンをクリックすれば、指値注文できます。

 

bitFlyer Lightningでは、画面上からレバレッジの倍率を変更できます。

発注画面上部の「証拠金維持率(〇倍)」をクリックします。

レバレッジ設定画面に切り替わり、レバレッジ倍率を変更できます。

レバレッジ倍率は「1倍・2倍・3倍・5倍・10倍・15倍」のいずれかに変更可能です。

注意
bitFlyer Lightningでは、証拠金維持率が80%を切ると追証が発生し、追加で証拠金を入金しなければなりません。

また、証拠金維持率が50%を切ると強制ロスカットとなり、問答無用でポジションが清算されます。

BitMEX

海外取引所BitMEX画像引用元: https://www.bitmex.com/

BitMEX(ビットメックス)は、香港とサンフランシスコにオフィスを構える仮想通貨取引所です。

BitMEXの最大の特徴は、最大100倍のレバレッジで取引できることです。

日本の取引所の場合、最大25倍までしかレバレッジをかけることができませんが、BitMEXはその4倍のレバレッジで取引できます。

BitMEXはゼロカットシステムを採用しているため、レバレッジ取引で損失を出しても証拠金以上の損失を被ることがなく、追証は発生しません。

また、BitMEXは日本語表記に対応しており、英語が苦手な人でも安心して利用できます。

BitMEXの入金はビットコインのみ対応しており、ビットコイン以外の仮想通貨を証拠金として預け入れることはできません。


BitMEXの口座開設はこちら

まずは、入金方法から解説します。

BitMEXにログインし、画面上部の「アカウント」をクリックします。

画面左上の「入金」をクリックします。

自分の口座のビットコインアドレスが表示されるので、このアドレスにビットコインを送信すれば入金は完了です。

 

BitMEXで空売りする方法

次に、ビットコインを空売りする方法を解説します。

画面上部の「取引」をクリックします。

通貨ペアのタブを「ビットコイン(XBT)」に切り替えます。(BitMEXではビットコインをXBTと表記しています)

画面左上部の発注画面で発注方法を選択します。

BitMEXでは、以下の種類の注文が可能です。

BitMEXの注文の種類
  • 指値注文
  • 成行注文
  • ストップ指値
  • ストップ成行
  • トレイリングストップ
  • 利食い指値
  • 利食い成行

ビットコインを指値で空売りする場合、発注画面の「指値」タブを選択します。

「数量」欄に購入したいXBTの価格分の数値を入力し、「指値」欄に購入したいXBTの価格を入力します。(または、板画面で購入したい価格をクリックすると自動的に価格が反映されます)

数量と価格を入力後、「売り/ショート」ボタンをクリックすれば、指値注文できます。

成行で注文する場合は、発注画面の「成行」タブを選択し、「数量」欄に購入したいXBTの価格分の数値を入力後、「売り/ショート」ボタンをクリックします。

 

BitMEXの取引手数料は、メイカーとテイカーで分かれています。

ビットコインの場合、メイカーは-0.025%、テイカーは0.0750%となっており、メイカーの場合は手数料を払うのではなく、受け取ることができます。

 

BitMEXでは、スライダーを動かすことによってレバレッジの倍率を変更できます。

レバレッジは、初期設定で「クロスマージン」となっています。クロスマージンを選択すると、レバレッジが最大値となり、ビットコインの場合、レバレッジは100倍となります。

ビットコインを空売りする時の注意点

ビットコインの空売りは、レバレッジを使って少額で効率よく利益を出せる可能性がある一方で、ビットコインの価格が急騰すれば大きな損失となる可能性もあります。

ビットコインは、株やFXに比べて値動きが激しく、急騰時に追証や強制ロスカットのシステムが発動せずに口座残高がマイナスになることもあります。

また、BitMEXはゼロカットシステムを採用しているため口座残高がマイナスになることはありませんが、急騰時には逆指値(損切り注文)が約定せず、大きな損失を出す可能性もあります。

証拠金保証率の限界までポジションを持つのではなく、余裕を持って取引することが大切です。

ビットコインの空売りについてのまとめ

ビットコインの空売りは、FXと同じように証拠金を担保として預け入れ、手元にないビットコインを空売りできます。

証拠金取引には、少ない資金を元手に大きな金額の取引を可能にする「レバレッジ」という仕組みがあり、預け入れた証拠金の何倍もの金額の取引ができます。

ビットコインの空売りは、レバレッジを使って少額で効率よく利益を出せる可能性がある一方、ビットコインの価格が急騰すれば大きな損失となる可能性もあります。

証拠金保証率の限界までポジションを持つのではなく、余裕を持って取引しましょう。