やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインとリップルの今後や時価総額を比較!将来性と2019年の価格予想をかんたん解説!

ビットコイン_リップル_アイキャッチ
ビットコインの価格はこのままもう上がらないの?
リップルは将来性が高いと聞くけど、ビットコインとどっちがいい?

なんてお考えではありませんか?

ビットコインリップルは、数ある仮想通貨の中でも特に人気の通貨。

ビットコインは主流通貨、リップルは将来性が高いということから、すでに保有している人も少なくありません。

しかし、ビットコインとリップルにはそれぞれ全く違う特性があるのを知っているますか?

そこで今回は、ビットコインとリップルの違いや、今後の価格について紹介していきたいと思います。

あらゆる角度から比較していきますので、この記事を読めば自分がどちらを購入するべきかが明確になるはずです!

ざっくり言うと

  • ビットコインは時価総額ランキング1位の主流通貨
  • 中央管理者が存在せず、ネットワークに参加している人がマイニングを行うことで取引が承認される
  • リップルは円滑な国際送金を目的に開発された仮想通貨
  • 世界中の金融企業から注目されており、他の通貨に比べて将来性が高い
  • ビットコインもリップルも、2019年は上昇傾向にある
  • 取引所なら「BITPoint」、販売所なら「GMOコイン」がおすすめ


ビットコイン VS リップル まずはそれぞれの特徴を理解しよう!

ビットコイン_リップル_それぞれの特徴

もともと、ビットコインは決済目的、リップルは国際送金目的で開発された仮想通貨です。

それぞれ目的が異なるだけに特性も全く違いますので、購入前にしっかりと特性を理解しておきましょう。

ビットコインの基本情報

ビットコイン_リップル_ビットコインの特徴出典: https://bitcoin.org/ja/

まずはビットコインの特徴から紹介します。

ビットコインの概要
通貨単位BTC
リリース2009年
発行上限枚数約2,100万BTC
時価総額約44万円
運用会社bitcoin.org
開発者Satoshi Nakamoto
ビットコインの特徴

  • ビットコインの特徴1:中央管理者が存在しない
  • ビットコインの特徴2:取引を承認することで報酬がもらえる
  • ビットコインの特徴3:決済手段として利用できる


Bitcoin公式サイト

ビットコインの特徴1:中央管理者が存在しない

ビットコインは世界初の仮想通貨として誕生しましたが、取引を管理する中央管理者が存在しないというのが大きな特徴となります。

ビットコインのネットワークに参加している人同士で取引を監視するシステムになっており、承認作業(マイニング)によって報酬をもらうことも可能です。

また、取引を行う際に第三者を経由する必要がないことから「P2Pネットワーク」なんて呼ばれたりもしています。

ビットコインの特徴2:取引を承認することで報酬がもらえる

ビットコインは、ネットワークに参加している人によって取引が承認されますが、この承認作業のことをマイニングと呼びます。

ビットコインの場合は10分に1回のペースでマイニングが行われており、提示された計算問題をいちばん最初に正解した人に報酬が与えられるという仕組みです。

そのため、誰でも簡単に報酬がもらえるというわけではありませんが、法定通貨の送金とは全く仕組みが異なるというのがわかりますよね。

ビットコインの特徴3:決済手段として利用できる

そもそも、ビットコインはスムーズな決済を目的に開発された仮想通貨です。

そのため、ビットコインで決済できるお店やサービスは年々増えてきており、特に海外で買い物をする際などは現地通貨に両替せず、ビットコインをそのまま使うことができます。

最近ではビットコイン以外の通貨でも決済ができるようになってきましたが、決済通貨として最も主流なのがビットコインなんですね。

注意

ビットコインで決済ができるのは、ビットコイン決済を導入しているお店、またはサービスのみとなります。

そのため、ビットコインで決済をする場合は、そのお店で決済ができるか事前に確認しておくと安心です。

リップルの基本情報

ビットコイン_リップル_リップルの特徴出典: https://ripple.com/xrp/

今度は、リップルの特徴についてみていきましょう。

リップルの概要
通貨単位XRP
リリース2013
発行上限枚数約1,000億XRP
時価総額約35円
運用会社Ripple.Inc
開発者Ryan Fugger
Jed McCaleb
Chris Larsen
リップルの特徴

  • リップルの特徴1:中央管理者が存在する
  • リップルの特徴2:取引承認時間がわずか4秒
  • リップルの特徴3:Proof of Consensusを採用


ripple公式サイト

リップルの特徴1:中央管理者が存在する

リップルでは、中央管理者によって取引や承認作業の管理が行われています

その中央管理者となるのが、リップルの開発・運用を行っているリップル社です。

また、リップル社は取引の承認作業も管理していますので、マイニングも決められた人しかできません。

つまり、管理体制そのものがビットコインろ大きく異なるわけです。

リップルの特徴2:取引承認時間がわずか4秒

リップルでは、取引の承認にかかる時間がわずか4秒と速いのも大きな特徴です。

そこには、前述した「決まった人による取引の承認」というシステムも大きく関連しており、国際送金を円滑に行えるということでスピードも重視されているんですね。

リップルの特徴3:Proof of Consensusを採用

リップルではPoC(Proof of Consensus)というアルゴリズムが採用されています。

アルゴリズムというのは、要は取引を承認する際のルールのことで、リップルではPoCというルールが採用されているということです。

PoCは「合意による証明」という意味で、リップルネットワークに繋がっているP2P(リップル社)によって取引が承認されます。

ビットコインのアルゴリズム

ビットコインではPoW(Proof of Work)というアルゴリズムが採用されており、マイニングによって取引の承認を行います。

ビットコインとリップルを分かりやすく並べてみた

ビットコイン_リップル_並べてみた

ここでは、ビットコインとリップルの違いを一覧にしてみました。

 ビットコインリップル
中央機関なしRipple Inc
アルゴリズムProof of Work(PoW)Proof of Consensus(PoC)
ブロック生成速度約10分約4秒
時価総額
(2019年3月)
約44万円約35円
開発目的決済国際送金

これらの違いについて、一つずつみていきましょう。

ビットコインとリップルの違い

  • 中央管理者の有無は?
  • コンセンサスアルゴリズムは?
  • それぞれの時価総額は?


中央機関の有無は?

中央機関とは、取引や承認作業を管理する第三者的存在のこと。

ビットコインでは中央機関は存在しませんが、リップルの場合はリップル社によって管理が行われています。

コンセンサスアルゴリズムは?

ビットコインではPoW、つまり「マイニングによって取引を承認する」というルールが採用されています。

一方、リップルでは「リップルネットワーク上の特定の人によって取引を承認する」というルールです。

それぞれの時価総額は?

2018年以降、どちらも価格の下落が続きましたが、2019年3月現在の価格は以下となります。

ビットコイン_リップル_B時価総額出典:https://coinmarketcap.com/ja/

 

ビットコイン_リップル_X時価総額出典:https://coinmarketcap.com/ja/

◆ビットコイン:439,162円(ランキン1位)

◆リップル:34.94円(ランキング3位)

ビットコインとリップル、2019年の価格はどうなる?

ビットコイン_リップル_価格予想

ビットコインとリップル、両者の特徴がわかったら、次に気になるのが価格ではないでしょうか。

なんとなく盛り上がりが欠けている仮想通貨ですが、今後の価格を予想してみました。

2019年の価格予想

  • ビットコインは長期的に価格上昇!?
  • リップルも上昇か!?


ビットコインは長期的に価格上昇!?

近年、世界的な大企業がビットコイン関連のプロジェクトを導入していることを知っていますか?

私たちの身近なものでは、主に以下のような事例がありました。

ビットコインの導入事例

◆楽天が「みんなのビットコイン」を買収

◆スターバックスがBakktを通じたビットコイン決済を導入

◆LINEが仮想通貨取引所「BITBOX」を設立

◆三菱東京UFJ銀行が独自通貨「MUFGコイン」を導入し、海外取引所cooinbaseへ出資

また、主流通貨というだけに世界共通通貨になる可能性が非常に高く、ビットコインの価格は長期的に上がっていくと考えられます。

リップルも上昇か!?

リップルもビットコイン同様、今後時間をかけて徐々に高騰することが考えられます。

その理由は、世界中の大手企業が次々にリップルと提携を結んでいるから。

JALやSBIが提携を結んだことは有名ですが、中には国を代表する中央銀行が提携している国もあるほど。

リップルの送金技術を導入すれば、速くて安い海外送金が実現できるということで、今後の動きがかなり注目されています。

ビットコインとリップルの購入におすすめの販売所は「GMOコイン」

ビットコイン_リップル_GMOコイン出典: https://coin.z.com/jp/

とにかくスムーズに取引がしたい!という人におすすめなのがGMOコイン。

GMOコインでは販売所形式になっているため、好きなときに好きな価格で取引を約定することができます。

また、運営しているのは大手IT企業のGMOインターネットグループですから、信頼性も国内取引所トップクラスです。

取引所画面の見易さはもちろん、スマホアプリも使いやすいと人気で、初心者でも直感的に操作することができるでしょう。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

ビットコインとリップルの購入におすすめの取引所は「BITPoint(ビットポイント)」

ビットコイン_リップル_BITPoint出典: https://www.bitpoint.co.jp/

ビットコイン、リップルの両方が購入できて、尚且つお得に取引ができるのがBITPointです。

BITPointは、東証一部上場企業である株式会社ビットポイントジャパンが運営している取引所。

取引手数料のほとんどが無料となっていて、取引画面が見やすいというのがポイントです。

運営メンバーには、元金融庁や投資・金融のスペシャリストが揃っているため、セキュリティ体制にも力を入れています。

また、仮想通貨FXに関しては、プロトレーダーが愛用するMT4(メタトレーダー4)を使用することができ、仮想通貨上級者にも人気です。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

ビットコインとイーサリアム比較まとめ

ビットコイン_リップル_まとめ

ビットコインとリップルを比較してみると、そもそもの開発目的管理体制など、多くの違いがあることがわかります。

しかし、どちらにも共通していえることは将来性に期待ができるということ。

いますぐに価格が上がるわけではありませんが、両者とも着々と実用性が広がっていますから、長期的に利益を狙っていくのがおすすめです。

とはいえ、それぞれの特性から「どっちに期待ができるか」という期待度も人によって違ってくると思います。

ですので、ぜひこの機会に自分が期待できる方を選んでみてくださいね!

ビットコインとイーサリアムのおさらい

  • ビットコインは中央管理者が存在せず、決済目的で開発された
  • リップルはリップル社によって取引が管理されており、国際送金を目的に開発された
  • どちらも、今後長期的に価格が上がる見込み
  • とにかくコストを抑えたいならBITPointがおすすめ
  • とにかく使いやすさを重視したいならGMOコインがおすすめ