ビットコインの簡単な始め方

ビットコインの買い方をどこよりも分かりやすく解説!

the-way-of-buying-btc

2017年に爆発的に値上がりをしたビットコイン。2018年は各国の規制やコインチェック騒動により、かつてないほど価格が下落し続けています。

しかし、2018年全体でみれば、ビットコインの価格は上がると考えられているため、価格が下がっている今こそ買い時です。

しかし、「ビットコインは難しくて買い方がわからない」という人も多いのではないでしょうか。

すでにビットコインユーザーは日本国内で増えており、「今更買い方を聞くなんて恥ずかしい!」と思う人も多いでしょう。

そこで今回はビットコインの買い方をご紹介します。

ビットコインについて

ビットコインは日本だけでなく、世界各国で取引を行うことができる仮想通貨です。

ビットコインの売買をしたり、ビットコインで買い物をするという人も増えてきました。

ビットコインの利用手段は?

ビットコインですが、以下の利用手段に用いるために注目されています。

ビットコインの利用手段
  • 資産運用
  • 買い物
  • 送金

ビットコインは送金においてかかる多額の手数料と時間をスピーディーに行うためのに生まれました。

そして、ビットコインの将来性に気が付いた投資家たちが資産運用のために購入したり、買い物のために購入する人が増えたのです。

ビットコインで資産運用した結果、億万長者になった「億り人(おくりびと)」が多く誕生しました。

2018年はいきなり下落し続けている


出典:みんなの仮想通貨

2017年は大きく成長を遂げたビットコイン。

2018年に入り、中国や韓国を始めとした各国の仮想通貨の規制や、仮想通貨NEMが流出したコインチェック騒動などが原因でビットコインは価格が下落し続けています。

2017年末には1BTC=240万という超高値を記録しましたが、4月4日現在は1BTC=73万と下落しつづけています。

①仮想通貨の規制が強化

2018年に入って中国や韓国をはじめとする諸外国が仮想通貨に対して規制を強化すると発表したのです。

韓国は仮想通貨の全面規制は否定しましたが、規制強化の情報が出ると、ビットコインを売るユーザーが続出しました。

さらに中国や韓国、そして日本がICOを規制することを発表したことで、ビットコインの価格が下落しました。

②コインチェック騒動

テレビで毎日のように報道されているので、記憶に残っている人も多いのが仮想通貨取引所のコインチェックのNEM流出騒動です。

国内の仮想通貨取引所で特に人気の高かったコインチェックがハッキングされ、NEMを大量に盗まれてしまったのです。

これによりNEMだけでなく、仮想通貨市場全体の信頼性が失墜しビットコインやアルトコインの価格が大暴落しました。

2018年全体では価格が上昇する!

全体ビットコインの価格が大暴落していますが、2018年全体で見ると、価格は高騰すると考えられています。

そのため、価格が下落している今のうちにビットコインを購入しようと考えてる投資家も多いです。

ビットコインは決済できるお店やショッピングサイトが増えて普及すると見られているので、今後はどんどん価格は上昇していくといえるでしょう。

ビットコインはどうやって購入するの?

今年もビットコインの価格が上がることを見越して買っておきたいけど、買い方が分からないという人もいるのではないでしょうか。

ここではビットコインの買い方についてご紹介します。

ビットコインの買い方
  • 取引所や販売所で購入する
  • OTC取引で購入する
  • ビットコインATMで購入する

どのように購入するのか、もう少し詳しくご紹介します。

買い方①取引所や販売所で買う

仮想通貨を購入する場として最もメジャーな方法です。

取引所とはビットコインやアルトコインの売買を仲介する場です。

ビットコインを購入したい人がビットコインの取り扱いをしている取引所や販売所に登録して、アカウントを作り、ビットコインを購入していきます。

なお、取引所と販売所の違いは以下になります。

取引所と販売所の違い
  • 取引所:他のユーザーから仮想通貨を購入する場所
  • 販売所:販売元(取引所)が保有している仮想通貨を購入する場所

取引所と販売所は同じものだと思われるかもしれませんが、購入する先が違うという点があります。

販売所の場合は取引所が提示した額でビットコインを購入することができるため、すぐに購入することができます。

反対に取引所は自分が提示した額でビットコインを購入していきます。

多くの場合、販売所の方がビットコインの額が割高になりますので、今すぐ欲しい場合は販売所、安く購入したい場合は取引所という感じになるようです。

買い方②OTC取引で買う

ビットコインを購入する方法の1つとしてOTC取引というものがあります。

OTC取引は(Over the counter)の略で、取引所などを挟まないで、ビットコインユーザー同士が直接売買を行う方法です。

ビットコインのOTC取引のメリットは以下になります。

OTC取引のメリット
  • 直接取引を行うため、手数料がかからない
  • ユーザー同士で値段を決定できる
  • 大口取引をしたときに市場に影響しない

OTC取引は取引を行うユーザー間で直接値段を決めることができるため、市場価格に左右されることがありません。

また、あまり取引されていないような取引所で大口注文が出ると、ビットコインの価格に影響があります。

OTC取引の場合は個人間で売買を行うだけですので、ビットコインを大量に売買したとしても市場価格に影響はありません。

ただし、ビットコインはまだ普及していませんので、ビットコインを直接トレードしてくれる人に出会いにくいというデメリットがあります。

ネットではビットコインのOTC取引を自由に行うことができるサイトがあるのですが、信用することができる相手かどうか判断するのが難しいため注意しましょう。

買い方③ビットコインATMで買う

ビットコインATMではビットコインを現金化したり、逆に現金でビットコインを購入して、ビットコインのウォレットに入れることが可能です。

ただし、日本国内ではあまり導入されておらず、特に地方ではあまり見かけないのが現状です。

ビットコインATMが普及すればさらにビットコインの売買を行う人が増えるでしょう。

取引所での購入方法について

ビットコインの売買を行うなら、取引所や販売所を利用するのが最も手軽な方法だと言えます。

では、取引所や販売所ではビットコインはいくらから購入することができるのでしょうか。

ビットコインは0.01BTCから購入できる!

普段ビットコインのチャートを見ると、1BTC=〇〇〇円などと表示されていることがほとんどですので、1BTCからしか買えないと思っている人も多いのではないでしょうか?

ビットコインは実は1BTCから購入出来ないわけではなく、ビットコインは最低0.0001BTCから購入することができます。

例えば、1BTC=70万円だと、0.001BTC=700円になります。

資産運用だと何万もかけないといけないというイメージがあります。

その点、ビットコインは比較的少額で資産運用ができる手軽さがあります。

ただし、元手が少ないと価格が上昇したときに利益があまり出ませんので、儲けたいのであれば大きな額を投資したほうがいいでしょう。

取引所と販売所ならどちらがおすすめ?

先述したように取引所と販売所を比べると、販売所のほうが割高になる傾向があります。

例えば、以下ビットフライヤーのビットコイン販売所(上)とビットコイン取引所の図を見てください。

販売所で1BTC=771,972円の時、取引所では1BTC=759,37円です。

これは同時刻のビットコインの価格なのですが、販売所と比べると取引所の価格の方が安いことが分かります。

販売所はその販売元が保有しており、その販売元が仲介しているため、取引所の価格よりも割高になる傾向にあります。

また、販売所では「指値注文」が出来ないので買いたい価格まで下がってから購入出来ないのが難点です。

ビットコイン販売所は必要ないのでは?

ビットコイン販売所の方が割高になるのなら、ビットコイン販売所は必要ないのではないか?という考えが浮かぶのではないでしょうか。

ビットコイン販売所で売買ができるようにしたほうがいいのです。

例えば、何らかの自体により、ビットコインの価格が暴落して、売り注文が続出しているとします。

売り注文が殺到しているときは、自分が思うような注文ができないことがありますが、販売所なら売買できる場合があります。

多少損をするような条件でも早く売買したい場合は販売所は便利なのです。

ビットコインが買えるおすすめの仮想通貨取引所は?

ビットコインは世界で最も取引されている仮想通貨ですので、国内でも多くの取引所で取引されています。

ではどこが一番おすすめの取引所なのでしょうか。

取引所の手数料はいくら?

ビットコインで資産運用する場合、やはり手数料は気になるでしょう。

できるだけ、無駄な出費は省きたいものです。

上記は国内外で人気の取引所の手数料(現物取引のみ)の表になります。

最も手数料が良いのがZaifです。

手数料がマイナスになっているのはどういうことなのかというと、

取引するたびに取引手数料が貰えるというものなのです。

もし手数料を重視するのであれば、Zaifが最もおすすめです。

信用度はbitFlyerがNo.1


出典:https://bitflyer.com

銀行の場合は銀行が破たんしたとしてもペイオフにより、1,000万円までなら保障されます。

しかし、仮想通貨には基本的には保証制度がありませんので、取引所が破綻すると最悪資産が戻らない可能性があります。

万が一のことを考えて、資本金が多い安定感のある取引所で売買を行うのがおすすめです。

資本金や出資会社など基盤がしっかりしているところはbitFlyerです。

bitFlyerは資本準備金を含むと資本金は41億円です。

また、SMBCベンチャーキャピタルやみずほキャピタル、三菱UFJキャピタルなどが出資していたり、GMOグループやSBIインベストメントなどの大手企業が株主になっています。

bitflyerはこちらから

購入するための4ステップ

ビットコインを購入するために以下の4つのステップを踏んでいきましょう。

ビットコインの買い方
  • 希望の仮想通貨取引所に登録する
  • 日本円を入金する
  • ビットコインを保管するウォレットを作る
  • トレードする

①希望の仮想通貨取引所に登録する

まずは取引所でアカウントの作成を行い、ビットコインの口座を開設しましょう。

氏名や年齢、住所、電話番号などの個人情報を入力し、身元を証明するものを提出します。

パソコンでもスマートフォンでもできるので、お好みの方法で行いましょう。

②日本円を入金する

登録が終ったら、ビットコインを購入するために、日本円を入金しましょう。

入金方法は以下の方法になります。

  • インターネットバンキングで入金
  • コンビニで入金
  • 銀行のATMから入金

入金は様々な方法でできますので、お好みの方法で入金しましょう。

●住信SBIネット銀行に口座を作ろう

銀行振り込みで入金する場合、振込手数料は基本的に自己負担となります。

そこでおすすめなのが住信SBIネット銀行です。

日本国内の仮想通貨取引所はほぼすべて、銀行振り込み先に住信SBIネット銀行を指定しています。

つまり、住信SBIネット銀行からお金を入金すれば、手数料が0円ですので手数料を節約できるのです。

しかも、365日24時間受付していますので、土日関係なく入金することが可能です。

③ビットコインを保管するウォレットを作る

これは後で作ってもいいのですが、ビットコインを保管するウォレットを作りましょう。

仮想通貨取引所でも保管をすることができるのですが、取引所で保管していると

万が一取引所が破綻したときに引き出せなくなってしまいますので、売買したビットコインは専用のウォレットに送金することをおすすめします。

④トレードする

実際にトレードをしてみましょう。

取引所も販売所も欲しい数量を入れるだけで購入することができます。

入金した額まで購入することができますので、全てビットコイン購入にしてもいいですし、

半分でビットコインを買って、半分でアルトコインを購入するという方法もありです。

まとめ

いかがでしたか?

今回はビットコインの買い方について紹介しました。

ビットコインは現在価格が下落していますので、購入するなら今がチャンスといえるでしょう。

ビットコインを購入する際は販売所にするか取引所にするかで迷うところかもしれませんが、

安く買うか、今確実に買うかを選ぶことで失敗はないでしょう。

ビットコインを安く買えるのは今だけかもしれませんので、早めにビットコインを購入しましょう。