やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインを買いたい!はじめての購入徹底ガイド

want-to-buy-thumbnail

ビットコインを買ってみたいなあ・・・

でも初心者だしなんだか難しそう・・・

この記事ではビットコインをはじめて購入する方に向けて、その購入方法を絵も使ってどこよりもわかりやすく徹底的に解説いたします。

難しそうなイメージがあるビットコインですが、実は誰でも簡単に購入することができます。

この記事を読めば、ビットコインの購入に関するすべてのことがわかります!

ビットコインってどうやって買うの?

ビットコインの購入方法は超シンプルです。

ビットコインは「販売所」もしくは「取引所」というところで購入できます。

詳しい手順は後ほどご説明しますが、難しいことはありません。

インターネットショッピングで買い物をするぐらいのインターネットの知識があれば、特に戸惑うことなく仮想通貨を購入できるはずです。

いくらくらいから買えるの?

ビットコイン買いたいいくら

「友達からビットコインって100万円するって聞いたんだけど・・・、私みたいな庶民でも買えるのかな?」

という方も多いでしょうが、安心してください。

ビットコインは「BTC」という単位で数えるのですが、仮に「1BTC」が100万円だとしても、「0.1BTC」や「0.01BTC」といった感じで単位をさらに小さくすることができるのです。

これによって実はビットコインはざっくり「1000円」くらいあれば十分に購入できちゃいます。

なのでお金がそんなに無い方でも購入することができるのです。

ビットコインを買いたい初心者にはどこがおすすめ?

ビットコイン買いたいどこで

ここからは初心者の方が取引所を選ぶうえで、「こんな感じの取引所を選ぶと良いでしょう」というポイントをまとめていきたいと思います。

取引が簡単にできる

仮想通貨の取引を行う場合には、取引画面が難しくてつまづいてしまうということがあります。

よって初心者の方は取引画面が見やすく、簡単に使える取引所を選ぶと良いでしょう。

サポート体制がしっかりしている

初心者の方は取引の際にわからないことが出てくることもあるでしょう。

こうしたことからも、電話やメールでサポートを行ってくれる取引所を選ぶことをおすすめします。

大手企業が運営している

仮想通貨はまだはじまったばかりの市場なので、取引所もベンチャー企業が運営していることが多々あります。

ベンチャー企業は基本的に資金力も少ないため、トラブルが起きた時には倒産してしまう可能性もあります。

しかし、大手企業であれば資金力もしっかりしているため、トラブルが起きた時のサポートや補償に関しても安心です。

こうしたことからも初心者の方は大手企業が運営している取引所を選ぶことをおすすめします。

国内の取引所で金融庁の認可がある

金融庁の認可があるかどうかも仮想通貨の取引所を選ぶ際には大事なポイントとなります。

2018年には「Zaif(ザイフ)」「coincheck(コインチェック)」という2つの取引所がハッキングの被害にあっています。

こういったことからも2018年からは特に金融庁による取り締まりが厳しくなっており、逆に言えばその金融庁が認可した取引所はハッキング対策のセキュリティ面などでも安心できるということができます。

また、現在国内で運営しているすべての取引所は金融庁の認可を受けており、海外のすべての取引所は金融庁の認可を受けていません。

よって自分の大切な資産を守るためにも海外取引所はやめて、安心して取引ができる金融庁の認可を受けている国内取引所を使うと良いでしょう。

初心者向け!ビットコインを買いたいならここがおすすめ!

ビットコイン購入徹底ガイドおすすめの取引所

ここまでで解説してきたことを踏まえて、初心者の方におすすめの取引所をご紹介していきたいと思います。

BITPoint(ビットポイント)

ビットコイン購入徹底ガイドおすすめ取引所
出典: https://www.bitpoint.co.jp/

使いやすさ
(5.0)
信頼性
(5.0)
サポート
(4.5)

「BITPoint」は東証マザーズに上場している「株式会社Remixpoint(リミックスポイント)」が運営する仮想通貨取引所です。

電力や自動車関連事業、省エネシステムの開発を手がける、非常に信頼性の高い企業が運営しています。

「BITPoint」の特徴は、すべての取引手数料が基本的に無料となっているます。

費用をできるだけ安く抑えてビットコインの取引を行いたい方にはおすすめの取引所となっています。

BITPoint(ビットポイント)公式サイトはこちら

BITPOINTの登録はこちら

GMOコイン(ジーエムオーコイン)

ビットコイン購入徹底ガイドおすすめ取引所

出典: https://coin.z.com/jp/

使いやすさ
(5.0)
信頼性
(4.5)
サポート
(4.5)
「GMOコイン」は東証一部上場企業でさまざまな金融事業を展開する「GMOインターネット株式会社」が運営する仮想通貨取引所です。

親会社が金融業界で長年培ってきた豊富なノウハウを武器に、セキュリティ面でも万全の体制を整えてユーザーをバックアップしています。

信頼性が高く安心してビットコインを買うことができます。

また、取引ツールも見やすく使いやすいため、簡単な操作で手軽にビットコインを買いたいという方には特におすすめの取引所となっています。

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

DMM Bitcoin(ディーエムエムビットコイン)

ビットコイン購入徹底ガイドおすすめ取引所

出典: https://bitcoin.dmm.com/

使いやすさ
(5.0)
 信頼性
(5.0)
サポート
(4.5)
「DMM Bitcoin」はさまざまな事業を展開する「DMMグループ」が運営する仮想通貨取引所で、その信頼性はバツグンに高くなっています。

DMMは誰もが名前を聞いたことがあるでしょうが、知名度だけでなく24時間体制のサポートセンターを持っているため、わからないことがあってもすぐに問い合わせをして解決することができます。

よって、操作面や取引に関して不安を持っている方には特におすすめの取引所と言えるでしょう。

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM Bitcoinの登録はこちら

ビットコインを買いたい時に知っておくべきこと

ビットコイン購入徹底ガイド知っておきたいこと

ここからはビットコインの取引を行う上で知っておきたいことをまとめていきたいと思います。

取引所の登録は簡単3ステップ

取引所の登録は3ステップで行うことができます。

  • STEP.1
    メールアドレスを登録
    取引所のホームページにてメールアドレスを登録し、その後届いたメールに添付されているリンクを開いて個人情報の入力を行います。
  • STEP.2
    本人確認書類のアップロード
    運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を必要に応じてアップロードします。
  • STEP.3
    取引所から郵送されるハガキを受け取る
    ハガキを受け取って会員ページで本人確認コードを入力すれば無事に登録完了です。

「取引所の登録ってめんどくさそう」と思っている方も多いでしょうが、どの取引所でも上記のような流れで登録を行うことができるので、実は意外と簡単に登録を行うことができるのです。

「販売所」と「取引所」の違い

仮想通貨取引所には一般的に「販売所」と「取引所」の2種類の販売形態があります。

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるので覚えておきましょう。

販売所って何?

仮想通貨取引所販売所

販売所は、仮想通貨を販売しているネットショップのようなものです。

販売所とユーザーが直接取引を行い、仮想通貨の購入と売却を行うことができます。

仮想通貨の価格はその販売所で独自に決定しているため、ユーザーはその値段で取引を行うようになります。

販売所にお金を支払って、「これくらいの量のビットコインを買いたい」と注文を出すことで購入できるのです。

価格設定が自由にできないというデメリットがある反面、価格が決まっている分悩まずに取引を行うことができるというメリットがあります。

スーパーやコンビニなどで買い物をする時に近い感覚で、簡単に仮想通貨を賈うことができるのです。

取引所って何?

仮想通貨取引所仕組み

取引所は、仮想通貨を売りたい人と買いたい人が集まるサイトです。

取引所が仲介に入り、ユーザー同士の直接取引を行うことができます。

「これくらいの量をこの価格で買いたい」という注文を出し、条件に合う売り手が見つかったときに売買が成立します。

取引所の運営会社は取引を仲介するだけなので、売買にかかる手数料が安くなります。

販売所と違い、ユーザー同士が自由に価格を決定して取引を行うことができるため、価格の設定面ではメリットがあります。

メルカリで買い物をするときのように、ユーザー間で価格をやり取りしてお得に購入できるのです。

注文方法などに慣れるまでに時間がかかる点がデメリットとなっています。

結局初心者はどっちが良いの?

初心者の方は「販売所」でビットコインの取引に慣れてから、「取引所」で取引をするといった流れがおすすめです。

今回紹介した「DMM Bitcoin」では販売所に対応しており、「GMOコイン」では販売所取引所どちらにも対応しているのでぜひ使ってみてください!

ビットコインを送金する場合には送金手数料に注意

ビットコイン購入徹底ガイド送金手数料に注意

ビットコインはまだ技術的に発展段階にあり、開発時よりも取引量や値段が高騰したことから、ビットコインを送金する際にかかる手数料が高くなっています。

たとえば2017年の年末は仮想通貨全体が以上なまでに盛り上がり、取引量やビットコイン自体の値段が高騰したことで、送金手数料が2000円以上かかるなんて時期もありました。

こういったことからも、もしあなたが取引所でビットコインを購入し、他の取引所やウォレットにビットコインを送金したいと思った時には、手数料が思った以上にかかるかもしれない点に注意しておきましょう。

あなたもきっと買いたくなる!ビットコインの魅力

ビットコイン購入徹底ガイド豆知識

ビットコインには単純な決済や送金だけでなく、さまざまな魅力を持っています。

ここからは意外と知らないビットコインの豆知識をご紹介して、その魅力を紐解いていきましょう。

世界ではじめての仮想通貨

ビットコインは「サトシ・ナカモト」という人物によって開発された世界ではじめての仮想通貨と言われています。

ビットコインは円やドルといった政府がその価値を保証している法定通貨と違い、発行元や管理者が存在しません。

このため法定通貨が発行元に権力が集中している「中央集権的」と呼ばれているのに対して、権力が分散化されている「非中央集権的」な通貨と呼ばれており、この理念はすべての仮想通貨の基盤となっています。

また、ビットコインの取引の記録には現在世界中の大企業や政府が注目している「ブロックチェーン」という技術が使われています。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは取引の記録をインターネット上に複数人が分散して記録することで「取引記録を紛失しない」かつ「取引記録を改ざんされない」という2つの特徴を持ち合わせた技術です。

この「ブロックチェーン」は仮想通貨の取引の記録だけにとどまらず、商品の流通管理や、野菜の生産地管理、税金の支払いや身分証明などの公的な記録にも応用することができるため、その可能性に注目が集まっています。

このように、ビットコインはすべての仮想通貨の基盤を作っただけでなく、このブロックチェーンがはじめて実装された画期的な仮想通貨なのです。

ちなみに開発者の「サトシ・ナカモト」の正体を知っている人は、まだ誰もいません。

ミステリアスでかっこいいですね。

決済だけじゃない世界を変えるビットコインの魅力

ビットコインには世界を良くしてくれる魅力がたくさんあります。

以下にその一部をご紹介したいと思います。

難民の資産の受け皿に

たとえば、戦争や紛争で自分たちの国を追われた難民の人は、国籍を証明できるものもなく、自分たちの銀行口座を作ることもできません。

そのため、資産を持っていてもどこの銀行に預けることもできないのです。

しかし、ビットコインを使えば自分たちの資産をインターネット上に安全に保管できるだけでなく、その価値は世界のどの国でも一律で普遍的です。

このように、自国の情勢が難しい立場にある人たちにもビットコインはその力を発揮してくれます。

通貨危機の救世主に

ビットコインは通貨危機にも非常に役立ちます。

たとえば、アルゼンチンでは現在自国の法定通貨の通貨危機が起こっており、価値がなくなることに不安を感じた国民がビットコインを自分たちの資産と交換し始めています。

また、この影響もありアルゼンチンではビットコインのATMも増加傾向にあります。

このように単純に決済の役割だけでなく、ビットコインは国境を超えて通貨危機で困っている人々の助けにもなっているのです。

ビットコインを買いたい!はじめての購入徹底ガイドまとめ

ビットコイン購入徹底ガイドまとめ

以上、初心者向けのビットコインの購入方法などについて解説してきましたがいかがでしたでしょうか?

難しいイメージを抱いていた方も多かったと思いますが、ビットコインの購入は取引所に登録すれば誰でも購入することができますし、お金も1000円くらい準備すれば良いので敷居が低いといえるでしょう。

また、今回紹介した「BITPoint」「DMM Bitcoin」「GMOコイン」は大手企業が運営しているため信頼性も抜群で初心者の方でも安心して取引を行うことができます。

この記事を参考にしてぜひみなさんもビットコインを購入してみてくださいね!