やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインの売り方を徹底解説!4つの方法と注意点を紹介

そろそろビットコインを売りたいけど、売り方がよくわからない…
ビットコインを売るときに気をつけるべきことはある?

なんて思ったことはありませんか?

ビットコインを売ると聞いて「取引所でそのまま売ればいいんでしょ?」と思う人は多いかもしれません。

しかし、ビットコインにはさまざまな売り方があって、それぞれメリット・デメリットがあります。

また、何も考えずに売却を繰り返していると、後でとんでもないことになってしまう可能性も…。

そこで今回は、ビットコインの売り方や、売却時の注意点について紹介していきたいと思います。

詳しい手順まで手順まで解説しますので、この記事を読めばビットコインの売り方をマスターすることができるでしょう!

ざっくり言うと
  • ビットコインの売り方は「販売所」「取引所」「OTC」「ATM」の4通り
  • それぞれの売り方を理解しておくと便利
  • ビットコインの利益確定は課税対象になるので注意が必要
  • こまめな出金は控えるべし!
  • 仮想通貨初心者は「販売所」での売却がおすすめ

仮想通貨_稼ぐ_GMOアイキャッチ

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインの登録はこちら

ビットコインの売り方は全部で4通り

ビットコイン_売り方_パターン

ビットコインの売り方は、主に「販売所」「取引所」「OTC」「ATM」の4種類があります。

それぞれ違った特徴があるため、どれが良いというわけではなく、自分に合った方法を選んで売却するのがおすすめです。

ここでは、それぞれの売り方とメリット・デメリットについてみていきましょう。

ビットコインの売り方
  • パターン1:販売所での売り方
  • パターン2:取引所での売り方
  • パターン3:個人間取引(OTC)での売り方
  • パターン4:ビットコインATMでの売り方

ビットコインの売り方パターン1:販売所での売り方

*bitFlyerの場合

  • STEP.1
    取引所のアカウントにログイン
    取引所アカウントにログインをし、取引画面を表示します。
  • STEP.2
    販売所の取引画面を表示

    ビットコイン_売り方_販売所1出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    画面左側のメニューから「ビットコイン販売所」を選択し、販売所の取引画面を表示させます。

  • STEP.3
    売却したい数量を入力

    ビットコイン_売り方_販売所2出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    画面中央にある売却価格を確認し、売却したい数量を入力します。

  • STEP.4
    売却注文

    ビットコイン_売り方_販売所3出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    入力した数量に間違いがなければ、緑色の「コインを売る」というボタンをクリックし、売却注文をしましょう。

  • STEP.5
    注文実行ボタンを押す
  • 画面に「6秒以内に注文を実行してください」と表示が出るので、指示通り6秒以内に「注文実行」というボタンをクリックし、「取引成立しました」と表示されれば売却完了です。

メリット

販売所は手数料が割高で「損をする」というイメージを持っている人が多いですが、売りたいときにすぐ売れるというメリットがあります。

自分で売却価格を設定する必要がなく、販売所が提示している価格で売ることができるので、仮想通貨初心者にもおすすめ。

ビットコインをすぐ今売りたい!というときに便利な売り方です。

デメリット

販売所は、取引所に比べて売却価格が低めに設定されているのが一般的。

取引が成立するまで待つ必要がない分、販売所への手数料を差し引いて提示されているんですね。

ビットコインの売り方パターン2:取引所での売り方

*bitFlyerの場合

  • STEP.1
    取引所のアカウントにログイン
    取引所アカウントにログインをし、取引画面を表示します。
  • STEP.2
    取引所の取引画面を表示

    ビットコイン_売り方_取引所1出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    画面左側のメニューから「ビットコイン取引所」を選択し、取引所の取引画面を表示させます。

  • STEP.3
    1BTCあたりの額を確認

    ビットコイン_売り方_取引所2出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    画面中央にある売却価格を確認します。

  • STEP.4
    売却数量、価格を入力

    ビットコイン_売り方_取引所3出典: https://bitflyer.com/ja-jp/

    「数量」の部分に売りたい数量を、「価格」の部分に売りたい価格を入力し、緑色の「コインを売る」をクリックします。

  • STEP.5
    取引履歴を確認する
  • 約定すると取引履歴に注文内容が表示され、売却完了です。

メリット

取引所の場合は、販売所に比べて高い価格で設定されていのが一般的ですので、利益が出やすいというのが大きなメリットといえます。

デメリット

ただし、取引所ではユーザー同士で売買取引を行うことになりますから、自分が提示した金額・数量で買いたいという人が現れない限り、取引は成立しません。

つまり、売却までに時間がかかる可能性があるのです。

また、板を見ながら売却するため、ある程度の知識やテクニックを要します。

そのため、ビットコイン取引に慣れてきた人や、少しでも利益を増やしたいという人におすすめ。

ビットコインの売り方パターン3:個人間取引(OTC)での売り方

個人間取引は「OTC(Over Counter)」とも呼ばれていて、仲介業者を挟まず個人同士で取引を行うという方法です。

つまり、取引所を介さず、ビットコインを保有している人同士が直接取引をすることになります。

メリット

取引所を利用する場合、買い手がすぐに現れるとは限らないため、手数料を支払って仲介してもらう仕組みになります。

しかし個人間取引であれば、買い手と直接取引を行いますから、必要になるのは送金手数料くらい。

そのため、余計な手数料をかけずにビットコインを売ることができるのです。

デメリット

個人間取引は個人間の取引となるため、信頼できる人と取引をしないと詐欺にあう危険性があります。

実際に被害にあっている人も少なくありませんから、取引をする相手を慎重に選ばなければなりません。

ビットコインの売り方パターン4:ビットコインATMでの売り方

近年では、ビットコイン取引が行えるATMがあって、取引所や銀行を利用しなくてもすぐに現金を受け取ることができるんです。

つまり、私たちが普段利用している銀行ATMのビットコイン版ということ。

2019年2月現在、日本にはわずか9台しか設置されていませんが、設置されている国の法定通貨で受け取ることができるため、海外旅行や海外出張の際に便利です。

ちなみに、ビットコインATMの設置場所は「Coin ATM Radar」というサイトでチェックできます。

Coin ATM Radar

メリット

ビットコインATMの大きな魅力は、何といってもその場で現金と交換できるというところ。

パソコンやスマホがないときや、インターネット環境がない場合でも、ビットコインATMがあれば24時間いつでもビットコインを売ることができます。

デメリット

ビットコインATMは、非常に数が少ないという欠点があります。

前述したように、現在では9台しか存在しておらず、しかもその殆どが東京都内。

そのため、使いたくても使えないというのが現状です。

また、便利な分手数料が高く設定されています。

東京都のビットコインATMでは、売却手数料が2〜5%で設定されているのが一般的。

しかしこれは、取引所では売買手数料のほかにも出金手数料や振込手数料がかかりますから、場合によってはATMの方が手数料を抑えられるというケースもあるようです。

事前に知っておくべき!ビットコインを売る際の注意点

ビットコイン_売り方_注意

仮想通貨取引所は、24時間365日取引が行えますので、いつでも自分のタイミングで売却することができます。

しかし、何も考えずに売却してしまうと、後々とんでもないことになる可能性があるんです…。

ビットコインを売却する際の注意点
  • 注意点1:利益確定は課税対象になる
  • 注意点2:こまめな出金は手数料がかさむ

ビットコインを売る際の注意点1:利益確定は課税対象になる

ビットコインを売る際にはさまざまなシチュエーションがありますが、保有していたビットコインが高値になり、日本円に換金しようというパターンが多いのではないでしょうか。

しかし、ビットコインを日本円に換金する場合には税金がかかります。

会社員として働いている人(所得がある人)の場合は年間20万円以上、とくに決まった所得がない場合は年間38万円以上の利益が出た場合に確定申告が必要です。

つまり、ビットコインを年間20/38万円以上利益確定してしまうと、確定申告が必要になり、課税されてしまうんですね。

そうとは知らず、何も考えずにビットコインを売買してしまうと、あとで膨大な税金を請求される可能性があるので気をつけましょう。

ちなみに、ビットコインが課税対象になるタイミングは以下です。

課税対象になる主なタイミング

◆ビットコインで物やサービスを購入(決済)したとき

◆ビットコインを売ったとき

◆ビットコインで他の仮想通貨を購入したとき

ビットコインを売る際の注意点2:こまめな出金は手数料がかさむ

ビットコインを現金に換金する際は、自分の銀行口座に資産を移動させる必要がありますよね。

このとき、取引所側には「出金手数料」が、銀行口座側には「振込手数料」がかかります。

もちろん、利用する取引所や銀行によっては手数料がかからない場合もありますが、何らかの手数料が発生する場合は要注意です。

これらの手数料は数百円ほどで設定されているのが一般的ですが、回数を重ねればけっこう大きな金額になるもの。

こまめに出金を繰り返していて気が付いたらかなりの手数料を支払っていた…なんて人も少なくありません。

そのため、小さな金額で出金するのではなく、ある程度まとまった金額になってから出金するようにしましょう。

ビットコインは計画的に売却することが大切!

ビットコイン_売り方_まとめ

ビットコインの売り方には「販売所」「取引所」「OTC」「ATM」の4通りがありますが、販売所・取引所を利用するのが最も簡単で一般的です。

個人間で売買を行うOTCでは、余計な手数料が抑えられる反面、送金したビットコインを持ち逃げされる可能性もあり、初心者にはリスクが大きいといえます。

そして、ビットコインATMの場合は数が少なく、使いたくても近くになりというのが現状でしょう。

また、取引所も比較的手数料が安めで利益を出しやすいというメリットがありますが、なかなか注文が約定しない可能性があることから、初心者の場合は販売所の利用がおすすめ。

税金や手数料も意識しつつ、自分にあった売り方で効率的に取引を行なっていきましょう!

ビットコインの売り方のおさらい
  • ビットコインの売り方は販売所・取引所を利用するのが最も一般的
  • 個人間で売買を行うOTCは詐欺のリスクが高め
  • ビットコインATMは数が少なく、あまり現実的ではない
  • ビットコインは課税対象になるため、計画的に売却することが大切
  • こまめな出金も手数料がかさむので、ある程度まとまった金額で出金するのがおすすめ