やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の入金方法と特徴,購入手順をやさしく解説

国内には様々な仮想通貨取引所が存在していますが、その中の『ビットバンクトレード(bitbank Trade)』では現物取引ができないというのを知っていますか?

現物取引ができない代わりに、先物取引に完全特化した取引所となっており、少ない金額で大きな取引を行うことができるんです!

「先物取引」と聞くとなんだか難しそうなイメージもしますが、ビットバンクトレード(bitbank Trade)は初心者でも先物取引を始めやすいという魅力が盛りだくさん。

今回はそんなビットバンクトレード(bitbank Trade)の特徴や、実際の入金、購入方法を紹介したいと思います。

この記事を読み終わる頃には、アナタも先物取引を利用した効率的な資産運用ができるようになるでしょう!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)とは

出典: https://www.bitbanktrade.jp/ja/

ビットバンクトレード(bitbank Trade)は、ビットバンク株式会社が運営する国内の仮想通貨取引所。

ビットバンク株式会社が運営する取引所としては「ビットバンク(bitbank.cc)」もありますが、ビットバンク(bitbank.cc)は現物取引が、ビットバンクトレード(bitbank Trade)では先物取引がメインとなっています。

会社名ビットバンク株式会社
所在地〒141-0031 東京都品川区西五反田7丁目20-9
役員
  • 代表取締役CEO 廣末紀之
  • 取締役 都木聡
  • 取締役 峰松浩樹
  • 取締役 加藤順彦
資本金11億3100万円
設立2014年5月
登録番号 関東財務局長 第00004号

運営会社であるビットバンクは、仮想通貨ユーザーの間では有名は「ビットコインニュース」という仮想通貨メディアも運営しており、ビットバンクの運営するbitbank.ccは、リップルの取引高で世界一を記録したこともある実力派の会社です。

また、仮想通貨交換業者として金融庁・財務局への登録もされていますので、企業的にも信頼が高いといえます!

ビットバンクトレード(bitbank Trade)での取り扱い通貨はビットコインのみですが、追証やレバレッジの部分で日本の取引所の中で随一の使いやすさを実現しています!

bitbank Trade公式サイトはこちら

bitbank Tradeの登録はこちら

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の特徴

人気のビットバンクトレード(bitbank Trade)ですが、その特徴は大きく分けて4つあります。

ビットバンクトレード (bitbank Trade)の特徴
  • レバレッジが最大20倍
  • 追証・スワップポイントがない
  • ロスカット率20%
  • 万全のセキュリティ

「GMOコイン」や「DMMビットコイン」などでは現物取引と先物取引の両方が利用でき、一見ビットバンクトレード(bitbank Trade)よりも使いやすそうに思えるかもしれません。

しかし、ビットバンクトレード(bitbank Trade)には他の取引所にはない特徴があって、この特徴こそが人気の秘訣といえるのです。

レバレッジが最大20倍

まず1つ目の特徴は、ビットバンクトレード(bitbank Trade)の先物取引では最大20倍のレバレッジが利用できるということ。

他の先物取引ができる取引所と比べると、GMOコインでは5倍DMMビットコインでは5倍ビットフライヤーFXでも15倍ですので、最大20倍というのは国内最大といえます。

海外取引所では最大100倍などの取引所もありますが、英語表記は何かと不便ですよね。

そのため、日本の取引所を使いたい人にとっては、レバレッジを最大限に活用できる取引所となるんです!

最大レバレッジ
ビットバンクトレード20倍
DMMビットコイン5倍
GMOコイン5倍
ビットフライヤーFX15倍

追証・スワップポイントがない

「追証」というのは追加証拠金のことで、基準を超えた損失が出た場合に、追加で証拠金を入れなければいけないという制度。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)ではこの追証がありません。

万が一証拠金以上の損失が出てしまった場合は、証拠金を超える部分をビットバンクトレード(bitbank Trade)が支払ってくれるのです。

そうした場合の支払いは、利益の0.2%を積み立てた「キャピタルゲインフィー(CGF)」によってまかなわます。

金融機関で唯一、bitbank Tradeだけが実施しているこの仕組みによって、初心者でも安心して先物取引を楽しめるのです。

また、FX取引などではスワップポイントという金利が毎日かかるのが一般的。

ですが、ビットバンクトレード(bitbank Trade)ではスワップポイントの制度もなく、長期での取引にも最適なんです。

スワップポイントがないのは、先物取引ができる取引所の中でビットバンクトレード(bitbank Trade)のみですので、人気が高いのも納得ですよね。

ロスカット率20%

FX取引でロスカットという制度が設けられており、証拠金の一定割合以上の損失が出てしまった場合は、それ以上の損失が出ないよう強制的に決済されてしまいます。

そして、この一定割合というのが「ロスカット率」

ビットバンクトレード(bitbank Trade)では、ロスカット率が20%に設定されており、この数値は他の取引所に比べて低めとなっています。

つまり、勝手に決済されることが少なくなるため、損失を利益に変えるチャンスが大きくなるといえます。

万全のセキュリティ

出典: https://www.bitbanktrade.jp/ja/

仮想通貨はウォレットを使って保管するのが一般的ですが、そのウォレットにも色々な種類がありますよね。

ウォレットの種類

①パソコンで管理するウォレット

パソコンに専用のアプリケーションをダウンロードし、パソコン上で仮想通貨を保管するウォレット。

②スマートフォンで管理するウォレット

スマートフォンに専用のアプリケーションをダウンロードし、スマートフォン上で仮想通貨を保管するウォレット。

③取引所で保管するウォレット

各取引所に付随しているウォレットで、取引所を運営する企業がまとめて管理。

自分では取引所のログインID・パスワードさえ覚えておけば良いので、誰でも簡単に利用できる。

ただ、取引所がハッキングされればウォレットが狙われる可能性も高い。

④ハードウェアウォレット

仮想通貨を保管するための専用端末。通常はオフラインとなるため安全性は高め。

⑤ペーパーウォレット

紙媒体に仮想通貨データを記録しておくというウォレット。

ハッキングなどの心配がなく電子データにくらべて安全な反面、紛失すれば終わり。

これらを見ると、オンライン上のウォレットには限りなく危険が潜んでいるのがわかります。

しかしビットバンクトレード(bitbank Trade)では、仮想通貨をオフラインで保管する「コールドウォレット」を導入しています。

ハッキングのリスクが低い、セキュアな環境で資産を管理することができるのです。

さらに、送金には複数人の署名が必要となる「マルチシグ」に対応するなど、セキュリティ面にかなり気を使っています。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の入金方法

では、ここからはくわしいビットバンクトレード(bitbank Trade)の利用方法をご紹介していきます。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)はビットコイン入金のみとなっていますので、あらかじめ日本円でビットコインを購入しておきましょう。

その後、手持ちのビットコインをビットバンクトレード(bitbank Trade)のビットコインアドレスに送金していきます。

1)ログイン後、メニューバーから「入出金」をクリックし、「BTC預入」を選択。

2)ビットバンクトレード(bitbank Trade)が指定する「受取ビットコインアドレス」にビットコインを送金します。

アドレスを間違えないよう、表示されている受取ビットコインアドレスをコピペするようにしましょう!

また、QRコードを読み取って送金することも可能です。

3)ビットコイン送金後30分程度で、ビットバンクトレード口座に送金したビットコインが反映されますので、下段の「預入履歴」に表示されていることを確認しましょう。

bitbank Trade公式サイトはこちら

bitbank Tradeの登録はこちら

ビットバンクトレード(bitbank Trade)の購入方法

出典: https://www.bitbanktrade.jp/ja/

ビットバンクトレード口座にビットコインが反映されたら、さっそうBTCFX取引(ビットコインFX)を始めましょう!

1)メニューバーの「トレード」をクリックし、「BTCFX取引」を選択します。

2)BTCFX取引では、取引期限が違う3つの商品がありますので、自分が取引したい商品を選びましょう。

3)その後、右側にある「気配値」「売買板」を確認して、注文する価格や数量を決めます。

4)『執行条件』で指値か成行を選択し、指値の場合は価格を指定、成行の場合は最良価格での執行になります。

5)『数量』に購入したい枚数を入力。

6)内容を確認したら「取引パスワード」を入力し、「新規買注文」もしくは「新規売注文」をクリックする。

ビットバンクトレード(bitbank Trade)は先物取引に最適!

出典: https://www.bitbanktrade.jp/ja/

ここまで見てきたとおり、ビットバンクトレード(bitbank Trade)は追証スワップポイントがなく、先物取引を行ううえではかなり使いやすい取引所です。

さらに、最大20倍レバレッジ取引ができるので、少ない手持ちでも大きな取引が可能。

万が一損失が出てしまっても、証拠金の20%までであればロスカットがされませんから、持ち返しのチャンスも十分狙うことができますよね!

そしてなんといっても、レバレッジを掛けていても借金を背負う心配がないという安心感があります。

仮想通貨取引は値動きが大きいので、借金のリスクがないとはいえいきなりの20倍はおすすめできません。

2−3倍からスタートしてみて、徐々に取引の感覚を掴んでいくのがおすすめです。

あなあもビットバンクトレード(bitbank Trade)のレバレッジ取引を活用して、より効率的なトレーディングを目指してみてはいかがでしょうか!

bitbank Trade公式サイトはこちら

bitbank Tradeの登録はこちら