やさしい仮想通貨の始め方を解説

バイナンス(Binance)の評判は?本当のところどうなの?メリット・デメリットを辛口調査

バイナンスは色々な通貨があっていいって聞くけど、本当のところどうなの?

バイナンスって本当にいいのかな?

海外取引所だからなんだか不安。。。

海外取引所といえば、バイナンスの名を聞く人が多いのではないでしょうか?

バイナンスは今や世界一の取引所ですが、実際のところのバイナンスの評判はいかなるものなのでしょうか?

実際にバイナンスで取引をされている方などの意見をまとめて見ました。

この記事を読めばバイナンスの良いところ・悪いところ、実際の使いやすさ・手数料の安さなどが全てわかります!

ざっくり言うと...
  • バイナンスは今や世界一と言われる人気仮想通貨取引所
  • 取引量の多さ手数料の安さ使いやすさが人気の理由
  • 問い合わせが英語でしかできないことや、日本円の入出金ができないのが難点
  • 口コミ上バイナンスは概ね好感的にみられている

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら

Binance(バイナンス)の口座開設方法や使い方についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

バイナンス 登録バイナンス(BINANCE)の特徴、登録、入金方法と使い方|アプリが使いやすい手数料激安の取引所

Binance(バイナンス)とは?バイナンスの特徴・メリットは?

バイナンス基礎情報 
拠点香港→マルタ島
運営会社BINANCE
設立2017年7月
代表取締役Changpeng Zhao
基軸通貨BTC/ETH/BNB/USDT
取扱通貨数170種類以上

バイナンスは2017年香港で設立された取引所で、現在は、中国の仮想通貨規制等もありマルタ島に拠点を移しています。

CEOのジャオ・チャンポン氏は、OKExという中華系の取引所の最高技術者(CTO)を勤めたこともある方で今ではバイナンスの人気から仮想通貨長者番付では3位と鳴るほどの人物です。

またバイナンスは、比較的若い取引所ですが、取引量の多さから手数料の安さ、使いやすさや様々なサービスや誠実な対応から人気の取引所です。

バイナンスの特徴
  • 取引高が世界一の取引所
  • 手数料が安い
  • サイト・アプリが使いやすい
  • 上場通貨の投票ができる
  • BTCフォークコインの付与に対応

取引高がトップの海外取引所

出典(2018年12月5日時点):https://coinmarketcap.com/rankings/exchanges/

バイナンスが選ばれる最も大きな特徴としては取引量が多いことにあります。

取引量が少ないと欲しいと思う数量の通貨を欲しい価格で買うことがなかなかできないという自体も起こり得ますが、バイナンスは取引量が多いため取引がスムーズに進みやすいのです。

取引量の多さと使いやすさ

取引量の多さは、特に大きな金額で投資を行う際やマイナーな通貨を取引する際には重要になってきます。

 

例えば、Gasという通貨をAさんは300円くらいで100枚買いたいと思っているとします。

しかし、取引量が少ないと、売りたい人は、Bさんの300円30枚、次がCさん310円で20枚、Dさん320円で10枚、Eさん350円で10枚、Fさん400円で20枚の売りがなくといことが起こり得ます。

 

つまり、取引量が少ないところでは希望価格で希望の数量買えないという自体が起こりうるのです。

取引手数料が安い

バイナンスのもう一つの人気の理由は取引手数料が安いことです。

取引手数料は、仮想通貨を取引する上では避けては通れない手数料ですがなるべく安くしたいものですよね。

バイナンスは、他の取引所と比較しても取引手数料は安く、さらにBNBというバイナンス独自の通貨を使うことでさらに最大半額までの割引制度があり、お得に取引できる取引所として人気です。

主な海外取引所の手数料一覧表

取引所取引手数料
Binance(バイナンス)0.1%
Bitumb(ビッサム)0.15%
bitfinex(ビットフィネックス)0.1%〜0.2%
bittrex(ビットとレックス)0.25%

BNB支払いについて

BNBで取引手数料を支払うと4年間にわたり取引手数料が受けられます。

割引率は以下の表を参考にしてみてください。

1年目2年目3年目4年目5年目
50%OFF25%OFF12.5%OFF6.75%OFFなし

また、BNB支払いに切り替える方法はとても簡単でアカウントページに行き、「Using BNB for pay for fees(手数料支払いにBNBを利用します)「ON」にすれば完了です。バイナンス(Binance)BNB

サイト・スマホアプリが使いやすい

バイナンスのPCサイトとスマートフォンアプリは直感的に使えるため、海外取引所の為言語に多少の不自由があるとしても使いやすいと人気です。

海外取引所というと少し難しそうというイメージもあるかもしれませんが、バイナンスはとても使いやすいので初心者の方にもおすすめできる海外取引所です。

バイナンスのPCサイト

バイナンスの取引画面にはベーシックとアドバンスがあり使いやすい方を選んで取引が行えます。

バイナンス銘柄選択

バイナンスアドバンス

バイナンスのスマホアプリ

スマホアプリもこのようにとても見やすく簡単に仮想通貨売買できるようになっています。

バイナンス アプリ

バイナンス アプリ

バイナンスのアプリについてはこちらの記事で詳しく解説しています。

バイナンス スマホアプリBINANCE(バイナンス)のスマホアプリがすごい!チャートの使い方を解説

バイナンスに上場通貨を決める投票に参加できる

出典:https://support.binance.com/hc/en-us/articles/360015047611-Voting-Opens-for-Community-Coin-of-the-Month-Round-9

バイナンスでは、上場する通貨を選ぶ投票を行なっており、指定の価格を支払いえば、誰もが投票権を得ることができます。

前回はこのように5つのコインの投票があり、GoChainという通貨が見事投票で選ばれ上場されました。

ハードフォークにも丁寧に対応

出典:https://support.binance.com/hc/en-us/articles/115002018452-Binance-Hard-Fork-Contingency-Plan

バイナンスは、ハードフォークに対しても迅速にウォレットを作り、その後安全性を確認するなどして配布することで知られています。

バイナンスは基本的に以下のようなポリシーを持ってハードフォークに対応しているようです。

バイナンスのハードフォーへの対応
  • ハードフォークが行われる前に、ビットコインの入出金を一時的に停止することがある
  • 顧客の資産保護を最優先として状況を見てそのハードフォークを支持するか決める
  • ビットコインのフォークに際しての対応が自分では難しい場合は、あらかじめバイナンスへ預ければフォーク以降も使える資産としてバイナンスが処理を行う

Binance(バイナンス)のリスクやデメリットとは?

ライトコイン_取引所_注意点

バイナンスはとても人気のある取引所ですが、バイナンスを使うことのデメリットやリスクも存在します。

日本語の対応が部分的

バイナンス日本語

バイナンスは以前は日本語に完全に対応していましたが、2018年3月に金融庁の「改正資金決済法」に基づく指導を受けて以来、日本語への対応はGoogle翻訳を用いた簡単なもののみになってしまいました。

取引自体は、Google翻訳と使いやすいインターフェイスのおかげで初心者でも簡単に行えるものになっています。

しかし、質問等があるときの取引所への問い合わせなどは英語に頼らざるを得ないところが、不安材料として残ります。

中国政府の仮想通貨事業規制のリスク

バイナンスは、元々香港の仮想通貨取引所であった為、中国政府の仮想通貨への規制を受けバイナンスが使えなくなるのではないか、という話が一時期出ていました。

しかし、現在バイナンスは拠点をマルタ島へ移し、中国政府の規制を受けずに運営できるようになっている為このリスクはほぼなくなったと言ってよいでしょう。

日本人の仮想通貨取引規制のリスク

2018年3月にだされた「改正資金決済法」により、バイナンスも金融庁から指導を受けています。

つまり、日本の仮想通貨規制の基準に満たない海外仮想通貨取引所等は今後日本人は使えなくなるリスクがあるということです。

ですが、金融庁と建設的な話し合いが進んでいることをツイッターで表明していますので、急激な動きがあるようなことはまずないと思いつつ、現状を見守るくらいがよいでしょう。

日本円の入出金

これは、海外取引所ほぼ全てに言えることですが、日本円の入出金ができないことと日本円との通貨ペアがないことは日本円と仮想通貨をメインに取引を行いたい人にとってはデメリットと言えるでしょう。

とはいえ、少し手間はかかりますが、国内の取引所から海外の取引所への仮想通貨の送金はとても簡単にできるもので、仮想通貨同士の通貨ペアも慣れてしまえば難しいことはありません。

Binance(バイナンス)の評判・口コミを参考にしよう

クイック入金_サービス時間外

実際に、バイナンスを使っているユーザーの皆さんはどのように感じているのか、Twitter等の口コミをまとめてみました。

取り扱い通貨数の多さ

日本から海外取引所のバイナンスへ登録する理由のひとつとしては、国内取引所で取引できない通貨が取引できることですよね。

バイナンスは150種類以上の通貨を取り扱っているため、日本では取り扱いのない通貨の取引も満足して行えるでしょう。

https://twitter.com/kusaotoko666/status/939707213152530432

ユーザビリティー

バイナンスはやはり使いやすからも人気なようです。

英語が分からなくても、初心者でもバイナンスでしたら仮想通貨取引が簡単にできそうですね。

手数料の安さ

手数料の安さも高評価です。

これだけ、色々な面で評価がいいのがバイナンスの人気の理由でしょう。

ハードフォークへの対応

ハードフォークへの対応も好感的にみられています。

通貨のハードフォークの際は国内取引所ではなくバイナンスに預けた方が良さそうですね。

気になるセキュリティー対策もしっかり

海外取引所という時になるのがセキュリティーの問題ですが、ユーザーさんも満足のセキュリティーのようです。

また、スマートフォン紛失時の対応などもしっかりとしているようですね。

慈善事業

バイナンスは、2018年夏の西日本豪雨の際には1億円ほどの寄付を行うなど慈善事業にも献身的に取り組んでおり、企業としての好感度も高まっています。

Binance(バイナンス)の人気に納得!

バイナンスは、取引量や使いやすさ、手数料の安さや様々なサービスがあり、口コミ上も好感的にみられているようですね。

やはり、多くの人が使っている取引所には、それなりの理由があることがわかりました。

日本では取引できない通貨の売買やハードフォークの用にバイナンスの口座開設をしてみてはいかがでしょうか?

Binance(バイナンス)の公式サイトはこちら

Binanceの登録はこちら