やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨FX(アルトコイン)の魅力とは?おすすめ取引所を徹底比較

 仮想通貨FXアルトコイン

「仮想通貨FXがアルトコインでできる取引所ってどこ?」

「ビットコインFXとアルトコインFXはどっちが儲けやすいの?」

仮想通貨FX(アルトコイン)にまつわる疑問を抱いたことはありませんか?

現状、仮想通貨FXはビットコインが主流となっていて、アルトコインでFX取引ができる国内取引所はごくわずかとなっています。

しかし、アルトコインFXは比較的利益が出やすく、ビットコインFXとは違った魅力が隠されているのです。

そこで今回は、アルトコインの仮想通貨FXについて紹介していきたいと思います。

アルトコインFXが利用できるおすすめの取引所も教えますので、この記事を読めば自分に合った取引所を見つけることができますよ!

仮想通貨FXの魅力とは?

仮想通貨FX アルトコイン チャート出典: https://www.shutterstock.com/

アルトコインFXの紹介する前に、まずは仮想通貨FXの魅力を簡単におさらいしましょう。

一般的に、仮想通貨FXは「危険」「リスクが高い」といったイメージがありますが、現物取引に比べて利益が出やすいシステムになっています。

もちろん、リスクが高いというのも否定はできませんが、しっかりと仕組みを理解したうえで運用を行えば、効率的な取引ができるんですよ!

少ない資金で大きな利益が狙える

仮想通貨FXでは「レバレッジ」を利用することができます。

あらかじめ取引所に証拠金を預けることで、実際の資金よりも大きな金額で取引を行うことが可能です。

極端にいえば、1万円の資金で100万円稼ぐことも不可能ではないでしょう。

現物取引では実際の資金分でしか取引ができませんから、大きな利益を狙いたい人や手持ちの資金が少ない人には最適だといえます。

ただし、レバレッジが高いほどリスクも大きくなり、ちょっと値下がりしただけで膨大な損失になる場合もありますので注意が必要です。

レバレッジとは?

レバレッジとは、預けた証拠金の数倍〜数十倍の金額で取引が行えるシステムのことをいいます。

これにより、少ない資金で大きな利益を出すことができますが、その反面大損する可能性もあるのです。

各取引所では「損失が大きくならないように」という意味で、「追証」「ロスカット」というシステムを設けています。

追証は、含み損によって証拠金が一定の割合より少なくなった場合に、追加証拠金として取引所から請求されるお金のこと。

ロスカットは、証拠金が一定の割合に達した際、その取引が強制終了となるシステムです。

通常は追証が先に発生し、追加証拠金を支払わず取引を続けて損失を増やした場合にロスカットとなります。

しかし、相場が荒れているときなどは、急激な暴落により追証の通知が来る前にロスカットとなる場合も。

効率的な取引ができる

仮想通貨FXではレバレッジが利用できるだけでなく、「売り注文」を入れることもできます。

現物取引では「安く買って高く売る」がモットーになるため、価格が上がらなければ利益は出ません。

しかし、仮想通貨FXでは「高く売って安く買う」という取引もできるので、価格が下がった時でも利益を出すことができるのです。

そのため、現物取引に比べてかなり効率な取引ができるといえます。

アルトコインFXとビットコインFXの違い

仮想通貨FX アルトコイン コイン出典: https://www.shutterstock.com/

仮想通貨FXでは、ボラティリティ変動率)によって利益や損失の大きさが決まってきます。

アルトコインの場合、現物取引においてもボラティリティが高いという特徴があります。

仮想通貨FXでレバレッジをかけることで、さらにボラリティの高い取引が可能となるのです。

また、アルトコインFXはビットコインFXと比較してもボラティリティが高く、より大きな利益を狙うことができます。

ボラティリティ(変動率)の比較

現物取引(BTC) <  現物取引(アルトコイン) < 仮想通貨FX(アルトコイン)

アルトコインとビットコインでは特徴やテーマも違い、イーサリアム(ETH)であれば「スマートコントラクト」や「ICOに使われている」というのが特徴になりますよね。

リップル(XRP)の場合は「金融機関の課題解決」といったテーマがあり、ビットコインとは全く違った特徴や可能性があるものです。

こういったテーマの違いや将来性を感じながら投資ができるというのも、アルトコインFXの魅力といえるでしょう。

仮想通貨FX(アルトコイン)ができるおすすめ国内取引所

2018年10月現在、仮想通貨FX(アルトコイン)が利用できる国内取引所は全部で3社となっています。

そのため選ぶ取引所がかなり限られてはきますが、それぞれ違った特徴があるもの。

ここでは、仮想通貨FX(アルトコイン)が利用できる3社を比較していきます。

GMOコイン

仮想通貨FX アルトコイン GMOコイン出典: https://coin.z.com/jp/

GMOコインは、2017年に誕生した国内仮想通貨販売所で、大手インターネット会社として有名な「GMOインターネット株式会社」が大元となります。

もちろん、金融庁登録済みの仮想通貨交換業者ですから、信頼性が高いといえるでしょう。

仮想通貨FXに特化した販売所というだけに取引画面の使い勝手も良く、スマートフォン用のアプリも高く評価されているんですよ!

また、仮想通貨FXができるアルトコインが5種類と豊富で、最大10倍のレバレッジをかけて取引することができます。

FX取引が可能な通貨レバレッジレバレッジ手数料追証ロスカット
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
最大5倍0.04% / 日なし75%

GMOコインの公式サイトはこちら

GMOコインレバレッジ最大25倍でビットコインFX!スマホアプリで快適に取引【GMOコイン】

GMOコインの登録はこちら

※仮想通貨交換業者:登録番号 関東財務局長 第00006号

DMM Bitcoin

仮想通貨FX アルトコイン DMMBitcoin出典: https://bitcoin.dmm.com/

DMM Bitcoinは、もともと「東京ビットコイン取引所」という名前で運営を行なっていましたが、2017年に「DMM Bitcoin」へ社名を変更しました。

FXや金融取引サービスも展開している大手企業であることや、金融庁の認可を得ているということから、GMOコイン同様安心して利用できるといえます。

また、FX取引で利用できるアルトコインが7種類と国内最多で、唯一「ネム(XEM)」「イーサリアムクラシック (ETC)」のFX取引ができる取引所です。

レバレッジは最大5倍、ロスカットは証拠金維持率80%以下で強制終了となります。

「ロスカットシステム」もあるため、取引以外での損失が発生する心配もありません。

FX取引が可能な通貨レバレッジレバレッジ手数料追証ロスカット
ビットコイン(BTC)
イーサリアム(ETH)
ビットコインキャッシュ(BCH)
イーサリアムクラシック(ETC)
ネム(XEM)
ライトコイン(LTC)
リップル(XRP)
最大5倍0.04% / 日なし80%

DMM Bitcoinの公式サイトはこちら

DMM ビットコインアルトコインもレバレッジ取引できてアプリが使いやすい取引所DMM Bitcoinの特徴

DMM Bitcoinの登録はこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)

仮想通貨FX アルトコイン Liquid出典: https://ja.quoinex.com/

QUOINEXは、CUOINE株式会社が運営する仮想通貨取引所で、日本以外にもアジア全体でビジネス展開を行なっています。

現物取引に関しては取り扱い通貨が53種類と豊富ですが、仮想通貨FX(アルトコイン)の場合はイーサリアム(ETH)のみ

そのため、利用できるのはイーサリアムユーザーに限定されてしまいますが、最大レバレッジは25倍と国内最高です。

イーサリアムで大きな取引を行いたい人には必須の取引所だといえそうですね!

ただ、ロスカットが110%と早めに設定されていることと、取引手数料として0.25%がかかるので注意しましょう。

QUOINEX公式サイトはこちら

仮想通貨FX(アルトコイン)ができるおすすめ海外取引所

国内取引所と違ってハイレバレッジとなっているのが海外取引所。

しかし、英語が苦手な人には使いこなせないというデメリットもあって、なかなか手を出せずにいる人も少なくないでしょう。

そんな人のために、日本語に対応していて、尚且つ仮想通貨FX(アルトコイン)も利用できるという取引所を紹介します!

BitMEX

仮想通貨FX アルトコイン BitMEX出典: https://www.bitmex.com/

BitMEXは香港が拠点となる海外仮想通貨取引所です。

世界的にそこまで有名なわけではありませんが、おすすめの理由はアルトコインの豊富さレバレッジの高さ

アルトコインについては11種類を取り扱っていて、イーサリアムについては最大50倍のレバレッジをかけることが可能です。

中には最大5倍というコインもありますが、国内取引所に比べてかなり種類が豊富なので、マイナーコインが高騰して莫大な利益となる可能性にも期待ができます。

ただし、取引は全てビットコイン建てとなりますので、どんな通貨でもまずはビットコインを購入しなければなりません。

FX取引が可能な通貨レバレッジレバレッジ手数料追証ロスカット
イーサリアム(ETH)
ライトコイン(LTC)
モネロ(XMR)
ビットコインキャッシュ(BTC)
イーサリアムクラシック (ETC)
カルダノ(ADA)
ネオ(NEO)
ダッシュ(DASH)
リップル(XRP)
ステラ(XLM)
ジーキャッシュ(ZEC)
最大5〜50倍ロング・ショートの比率によって変動
(-0.375〜0.001%)
なし50%
BitMEX(ビットメックス)公式サイトはこちら

BitMEXの登録はこちら

仮想通貨FX(アルトコイン)の注意点

仮想通貨FX アルトコイン ビックリマーク!出典: https://www.shutterstock.com/

仮想通貨FXでレバレッジを利用した場合、ちょっとした値動きが命取りになることもあります。

そのため、買値と売値の差額となる「スプレッド」についても注意が必要です。

特に、短期トレードをする場合はスプレッドが大きいと利益が出にくくなりますし、一歩間違えれば損をしてしまいますので気をつけましょう。

また、「流動性がない」ようなコインを選んでしまうと、絶好のタイミングで売れない・買えない可能性もあります。

普段ビットコインで取引を行なっている人も、アルトコインでは「手数料」が大きく異なることが多々ありますので、事前にしっかりと下調べをしておきましょう。

大きな利益を狙うなら仮想通貨FX(アルトコイン)がおすすめ!

仮想通貨FX アルトコイン 取引をする男性出典: https://www.shutterstock.com/

仮想通貨FX(アルトコイン)ができる国内取引所は、現状3社と非常に少なくなっています。

しかし、3社とも主流アルトコインを取り扱っているため、概ねの人は国内取引所で用が足りるのではないでしょうか。

「草コインでFX取引がしたい!」「もっと大きなレバレッジが必要」という人は、ぜひこの機会に海外取引所(BitMEX)を検討してみてください。

BitMEXは日本語に対応した取引所ですので、実際に多くの日本人が利用しています。

ただ、ハイレバレッジ取引ではリスクも大きくなりますので、事前にしっかりと仕組みを理解してからチャレンジするようにしましょう!