やさしい仮想通貨の始め方を解説

ビットコインは半減期で40万ドルに到達する可能性を示唆

2020年のビットコイン価格を予測する話題が多い中、やはり5月に行われるマイニング報酬の半減効果が大きな注目を集めています。 効果が全くないと考える人もいれば、半減期に大きく賭けている人もいるようです。 過去検証を考慮に入れると、ビットコインは半減後に400,000ドルの最高値に達すると考えられます。

2012年11月の最初の半減期では、ビットコインの価格は2.01ドルから270.94ドルに上昇し、13,000%増加しました。 2016年7月の2番目の半減期では、164.01ドルから20,074ドルまで上昇し、12,000%の増加となりました。

このことを念頭に置くと、ビットコインが5月の半減期後も同様の値動きをする場合、投資家達はビットコインの価格が40万ドルに達すると予想しています。

以前の半減期では何が起こったのか?

ビットコインの最初の半減期と2番目の半減期後の増加率は非常に似ているため、3番目の半減も同じように増加するという議論には根拠があるようです。 2度の半減期後の価格をテクニカル分析した際の類似性を詳しく検証すると、さらに重要性が増します。

Rekt Capitalのメディア記事で説明されているように、最初の半減期後にビットコイン価格はピークに達し、その後の2013年には弱気市場に入り、ビットコインはその価値を80%下げました。 弱気相場は87日間続いたため、大幅でかなりの急落なりました。

同様に、2番目の半減期に先行してビットコイン価格は天井をつけたのち、再び弱気市場に入って80%以上の利益を失いました。この弱気市場は1年足らず続いたため、さらに激しい下落になりました。

もちろん、ビットコインの3番目の半減期とセットで語られる以前の2つの半減期の間には、多くの偶然の一致があるかもしれません。 特にタイミングにおいては、いくつかのかなり大きな違いがあります。 弱気市場の長さもその1つですが、ビットコインが最初の半減期後に天井をつけるまでに513日、2番目の半減期後に天井をつけるまでには1068日(2倍以上)かかりました。

今回の半減期では何が起こるのでしょうか?

半減期がまだ約5か月先であっても、過去との類似点や共通点を検証することはできます。

2番目の半減期後、ビットコインは2万ドルまで上昇し、2018年の12月中旬に3,152ドルで底を打ちました。つまり、ビットコインは次の半減期の519日前に底に到達したことを意味します。

現在、ビットコイン価格は前回の底に対して340%まで上昇しています。

ビットコインは2番目の半減期によって、最初の半減期後の天井に対して383%まで上昇しました。

これらの傾向は分析に役立つものであり、マイニング報酬の50%削減に基づいて、ビットコインが特定のレベルまで回復するという仮説を裏付けるでしょう。 ただし、ビットコインはアナリストによってまだ解明されていないものであり、独自のまったく新しい道を切り開く可能性もあります。

この記事の監修者 808おじさん(@808ojisan)

Twitterでは5,000人以上のフォロワーが存在する凄腕トレーダー。 仮想通貨投資に18年3月から本格参入し、BTC、ETC、XRP、XMLを中心にトレード。仮想通貨Z502のファウンダーでもある。独自の相場分析で数々の高騰銘柄を的中させてきた人気仮想通貨トレーダー。

808おじさんのTwitterはこちら