やさしい仮想通貨の始め方を解説

日銀総裁、「技術革新の果実をしっかり得るとともに、リスクを検証する必要がある」【フィスコ・ビットコインニュース】

日本銀行は8日、「デジタル時代の未来」と題し、20カ国・地域(G20)技術革新にかかるハイレベルセミナーにおける、日本銀行総裁 黒田東彦氏の閉会挨拶を公開した。

公開資料によれば、同セミナーでは、最初のセッションで金融技術革新の潜在力とリスクを取り上げ、2番目のセッションでブロックチェーン技術による分散型の金融エコシステムが健全に発展していくうえで、鍵を握る要因について議論したという。

黒田総裁は、金融技術革新は、金融システムの機能を高める一方で、リスクをもたらすと指摘し、そのリスクの芽を摘んでいくひとつの手がかりとして「金融経済活動をシステムの相互作用として理解すること」を挙げている。
現代の金融システムについて、ブラックマンデーにおけるポートフォリオ・インシュランスとグローバル金融危機を例に挙げ、「金融システムの中に、システム全体を危機に晒すようなショックの増幅メカニズムが見えにくいかたちで埋め込まれ、想定外の深刻な危機が生じてはじめてそのことに気が付く」、そうした経験を繰り返してきたと分析している。

黒田総裁は、「新しい金融サービスやその担い手の登場によって、金融システムには構造変化が起こりつつある。技術革新の果実をしっかり得るとともに、意図せざるリスクが忍び込んでいないか、しっかり検証していく必要がある」と指摘。リスクを検証しつつも、技術革新は推進していく方向で協調したようだ。