やさしい仮想通貨の始め方を解説

富士通研究所、取引相手の信用を判断できるアイデンティティ流通技術「IDYX」を開発【フィスコ・ビットコインニュース】

富士通研究所は4日、ブロックチェーンを活用し、オンライン上の取引に関わるサービス事業者や利用者に対して、取引相手の本人情報の真偽を判断できるアイデンティティ流通技術「IDYX(IDentitY eXchange)」を開発したと発表した。

同研究所は、近年、デジタル化の進展に伴い、シェアリングサービスやマッチングサービスなど、顔の見えない相手とオンライン上で取引するサービスが増えており、その際、相手がどのような人物で信用できる人なのか、判断することが難しくなっていると指摘。

「取引相手の本人情報の真偽をユーザーが判断できるような仕組みが必要」として、ブロックチェーン技術を拡張し、分散型IDの仕組みの上で、実際に取引を行ったユーザーからの評価やこれまでの取引の実態などから、取引相手の本人情報の信用度と詐称リスクを分析する技術を開発したとしている。

この技術により、「各ユーザーの信用関係が分析され、取引相手となるユーザーの信用度を事前に把握することが可能になる」としており、オンライン上で誰もが安心・安全に取引を行うことができる業種・業界横断のデジタルエコシステムの構築を実現すると説明している。

今後は、「IDYX」について、金融をはじめ様々な分野で実証を進めていくほか、ブロックチェーンを活用したデータ活用のためのクラウドサービス「FUJITSU Intelligent Data Service Virtuora DX データ流通・利活用サービス」の新機能として、2019年度中の実装を目指すとしている。