やさしい仮想通貨の始め方を解説

仮想通貨カストディアンBitGo、ゴールドマンとノボグラッツ氏の出資獲得【フィスコ・ビットコインニュース】

 米国金融大手ゴールドマンサックスグループ、ベンチャー投資家のマイケル・ノボグラッツ氏は仮想通貨カストディアンのBitGoホールディングスに1500万ドル(16.8億円相当)の出資をしたと報じられた。ゴールドマンは主要顧客からの仮想資産保有で安全性を確保するよう要請を受けたことに応えた。
    
BitGoホールディングスは18日、ゴールドマンサックスグループ、ベンチャー投資家のノボグラッツ氏の投資を含め、5850万ドル(65.5億円相当)の資金調達を発表した。
    
ゴールドマンサックスやノボクラッツ氏に加えて、伝統的な金融機関数社もこの新興企業に出資しており、さらなる機関投資家や富裕投資家にとっても、BitGoがより魅力的に映る。
    
米当局は大手マネーマネジャーに対して顧客の資産を、免許のあるカストディアンで管理することを徹底している。仮想通貨に関しては、特にハッカーの脅威にさらされやすく、多くの伝統的な金融機関は顧客を遠ざけてきた。Bitgoなど、信頼性のあるスタートアップの登場で仮想通貨ビジネスのチャンスが広がる。
    
Bitgoは、総額7000万ドル(78.4億円相当)の資金を調達。75以上のコイン、トークン、20億ドルの資産を保有。
    
デジタル通貨投資家の間では、機関投資家に対応するようなストーレッジがより多くの投資資金を市場に流入させると期待している。