やさしい仮想通貨の始め方を解説

ナスダック、2019年第1四半期にはビットコイン先物取引を開始か【フィスコ・ビットコインニュース】

米国の株式取引所ナスダックが2019年第1四半期にはビットコイン先物取引を開始する計画を進めていることが、ブルームバーグの報道により明らかとなった。

同報道によれば、ナスダックはビットコイン先物を開始する前に、米商品先物取引委員会(CFTC)の懸念を払拭するために準備を進めているという。

ナスダック最高経営責任者(CEO)のアデナ・フリードマン氏は今年1月、同社の計画をすでに競合他社が提供するビットコイン先物とどのように差別化するか模索中であると発言していた。情報筋によれば、ナスダックの先物取引は多数の仮想通貨取引所におけるビットコインの価格に基づくものを計画しているようだ。現状ではこれに対して、競合であるシカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のビットコイン先物は4つの取引所から、シカゴ・オプション取引所(Cboe)のビットコイン先物では1つの取引所からの価格に基づいている。

ナスダックは昨年11月時点で、ビットコイン先物を2018年前半に上場させる計画であることが報じられていた。時期は遅れているものの、計画は進行中のようだ。また、今年7月には、ナスダックのインフラを活用した初の仮想通貨取引所DX.Exchangeがオープンしている。