やさしい仮想通貨の始め方を解説

サムスン最新版スマホの仮想通貨ウォレット、ビットコインはまだ対応なし【フィスコ・アルトコインニュース】

韓国のサムスン電子の最新版スマートフォン「ギャラクシー(Galaxy)S10」における仮想通貨用のウォレットの詳細について、仮想通貨メディアのコインデスクが報じた。大手スマートフォンで仮想通貨やブロックチェーン・サービスの秘密鍵を保管できる機能が装備されるのは初めてとなる。

コインデスク韓国が日曜に出したレポートによれば、サムスンのブロックチェーン・ウォレットはイーサリアム(ETH)とERC20トークン(イーサリアムを基盤とするトークンの規格の一種)にのみ対応する。ビットコインにはまだ対応していないとのことだ。

また同ウォレットは、発売時に4種類の分散型アプリ(dapp)をサポートしている。ゲーム作成のためのコミュニティ・プラットフォームのEnjin、美容関連の情報共有プラットフォームCosmee、子猫のキャラクター育成ゲームのCryptoKitties、決済サービスのCoinDuckの4種類だ。

ウォレットアプリは、Samsung Galaxy Storeからギャラクシー S10でのみダウンロード可能となる。将来的にはより多くのデバイスと仮想通貨に対応を拡大していく予定という。ギャラクシーS10に3月8日から正式に予約販売、出荷を開始している。