やさしい仮想通貨の始め方を解説

クリプタクト、仮想通貨のオプション販売専門子会社を設立—オプション市場の創設を目指す【フィスコ・ビットコインニュース】

仮想通貨の資産管理プラットフォームの提供を手がけるクリプタクトは、仮想通貨の価格変動によるリスクを回避するため、仮想通貨のオプション販売子会社Protoption(プロトプション)を設立したと発表した。日経新聞の報道によれば、当面は実証実験を実施し、将来的には金融商品取引業への登録を目指すようだ。

同社は、これまで仮想通貨の大きな課題となっていたボラティリティ(価格変動率)の大きさに焦点を当て、仮想通貨におけるオプション市場を創設し、ボラティリティの抑制や価格変動によるリスクを回避する手段の提供を目指すとしている。

今回設立する子会社では、仮想通貨のオプションを組成・販売のほか、仮想通貨デリバティブのスマートコントラクト(ブロックチェーン上にて自動で実行される契約)の開発を行うという。オプションの購入者は、満期日における原資産の価格によって、清算金を受け取ることができるようだ。また、ブロックチェーンをオプション取引へ活用することにより、事務作業の効率化やカウンターパーティーリスクの低減が期待されるとしている。

発表に際し、クリプタクトの代表取締役である斎藤岳氏は、「ヘッジ手段を提供することで機関投資家を含めた投資家層の拡大を促し、その結果暗号資産そのもののボラティリティの低下を実現し、人々が安心して暗号資産を保有できる健全な市場発展に貢献したい」とコメントしている。