やさしい仮想通貨の始め方を解説

イエレン前米FRB議長「ビットコインのファンではない」【フィスコ・ビットコインニュース】

米連邦準備制度理事会(FRB)のイエレン前議長はカナダで開催されたフィンテックフォーラムで29日講演し、ビットコインが通貨として不安定であると、非難した。講演内容は、仮想通貨の批評家で知られるエコノミストで、ニューヨーク大学のヌリエル・ルービニ教授の見解にほぼ一致。
    
実際にビットコインによって支払い取引が行われる数は非常に少ないと指摘した。多くが違法である可能性に加えて、ビットコインがテロリストやマネーロンダリングに利用されていることを懸念として挙げた。また、通貨は価値が安定している必要があるため、その価値が安定していないビットコインは通貨ではないと断言した。


さらに、ビットコインによる支払いが完了するには時間がかかることや、大量のエネルギーが必要となることから、コストも通常の支払い手段に比べて高くつくと批判。また、サイバー・セキュリティーも問題点として挙げた。
    
結論として、金融安定に関連した懸念につながる可能性も指摘。もし、FRBが需要に見合うようにデジタル通貨を発行したなら、経済や国民の富が密接にデジタル通貨とかかわってくるとした。

    
イエレン議長の仮想通貨に関する見解は、他の主要各国当局が指摘している否定的な意見にほぼ一致した。議長はこの新しいテクノロジーの発展に脅威を感じているようだ。中央銀行が管理するデジタル通貨に関しては、議長が在任時には、Fedコインに対する熱狂は見られなかったとした。