やさしい仮想通貨の始め方を解説

「Zaif」事業譲渡の承認手続きは11月21日が期限【フィスコ・ビットコインニュース】

テックビューロがフィスコ仮想通貨取引所(FCCE)へZaif事業を譲渡することについて、Zaif利用者から承諾を得る手続きを10月22日よりスタートしているが、今週11月21日がその期限となる。

Zaifの利用者がFCCEから補償を受けるためには、各利用者が事業譲渡を承諾する必要がある。フィスコ<3807>はプレスリリースにおいて、「テックビューロと各利用者の契約及び両者間の権利義務のFCCEへの承継は、当該承継につき各利用者が個別に異議なく承諾された場合にのみ有効」と説明している。事業譲渡を承諾しない利用者とFCCEとの間には一切の権利義務関係は生じず、補償対象にならないことに注意が必要だろう。仮にFCCEへの事業譲渡を承諾せず、テックビューロとの利用契約を維持したいという選択をした場合、解散が予定されているテックビューロの残余財産から債権に応じた額が分配されることになるが、残余財産は補償すべき額に満たない可能性もある。また、事業譲渡の実行日である11月22日以降、FCCEへの事業譲渡を承諾しないzaif顧客については、zaif口座で仮想通貨の売買ができなくなる可能性が高いという点も覚えておく必要がありそうだ。