ゼロから始めるビットコイン

脱初心者を目指すブログです。

ビットコインの送金(出金)方法と手数料|海外送金の場合も同様に

初めてビットコインを送金をする時の注意 

これから送金方法を説明しますが、間違えてしまうと送金したはずのビットコインがなくなってしまうこともあるので、初めてやるときは少額で一度試してみることをおすすめします。

 

ビットコインの送金

まずは取引所からウォレットや他の取引所に送る方法です。 

取引所から送る場合は、秘密鍵を自分で管理していないのでとても簡単に行えます。

Zaifの画像を使用します。

f:id:bbc-21:20170522185834j:plain

何も難しいことはありません。受け取り先のアドレスと金額を入力するだけです。

 

1NnXatRdd9nER3iSfGfZqFxPt5fHRmakH9

f:id:bbc-21:20170509220706j:plain

アドレスはこんな感じ。

手入力して間違えると取り返しがつかないので、必ずコピペしましょう。

QRコードが読み取れるウォレットであれば、そちらの方が確実です。

 

手数料が少額かかるので、送金したいビットコインぴったりしか入っていないと送金できません。手数料の分を考慮しましょう。

手数料は自分で設定できますが、ビットコインのシステム上、手数料の多いものから優先的に承認されるため、ケチりすぎるとすごく時間がかかってしまいますので注意しましょう。

 

あとは2段階認証を設定しているはずなので、コードを入れて出金を押せば完了です。

 

ビットコインの受け取り 

受け取りは、相手にアドレスを教えて送金してもらうだけです。

アドレスの文字列、もしくはQRコードを相手に伝えます。

ビットコインアドレスは間違えるとトラブルの元ですので、コピペしてからメールで伝えるなど、慎重に教えるようにしましょう。

ウォレットによっては、金額をこちらで指定して受け取る方法もあります。

 

ブロックチェーンを使用したビットコインのシステムでは、取引が「承認」されるまでに最低でも10分はかかります。

対面で取引する際は、送金してもらってから無事に承認されるまでは相手と離れない方が安全です。

送金後、承認される前により高い手数料で別の送金を行って先に承認させることで、1回目の送金をなかったことにする方法が存在するからです(二重支払い問題)

 

0承認で完了する仕組みも

f:id:bbc-21:20170523123443p:plain

実際問題、お店で決済するときに数十分も待つというのはなかなか考えにくいですよね。

そこで、ブロックチェーンの外で決済を行ってしまうというシステムがあります。

ひとまずビットコインアドレス間の取引を記録して、即時に取引完了としてしまうものです。この記録した取引を、運営が責任を持ってブロックチェーンに記載するというシステムです。

ビックカメラなどでの決済も、bitFlyerが間に入ることでこの方法が使われていますので、レジで10分待つ必要はありません。

 

ビットコインの送金はとっても簡単

送金、受け取りはかなり簡単に行う事ができますね。

基本的にアドレスを間違えて送金すると戻ってこないと思って、間違えることのないように注意しましょう。

人に送るとき、自分のウォレットに移すとき、他の取引所に移すとき全てこの手順なので、まだやったことのない人は少額で一度試してみましょう。 

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin